組成と構成と構造の意味の違いや使い分け

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク

科学的な解析を行う時や、ビジネスにおいてよく専門用語が出てくることがあります。

これらの科学用語やビジネス用語を理解していないと各処理ができないことが多く、きちんと理解しておくことが大切です。

たとえば、科学に関する用語として組成、構成、構造という言葉がありますが、これらの意味や違い、使い分けついて理解していますか。

ここでは、組成と構成と構造の意味と違いや使い分けについて解説していきます。

スポンサーリンク

組成と構成の違いと意味や使い分け

まず、組成とは化合物などの対象を構成する成分やその割合のことを指します。

別の言い方では「組成」は「ある物質などの要素が何がどのくらいで作られているのか」を示す指標ともいえるわけです。大抵は化学等の分野でよく使用し、メタンCH4は炭素原子Cと水素原子Hが4:1の組成で作られているなどというわけです。

一方で「構成」とは「化学物質だけでなくさまざまな対象がどのような要素で作られているか」を表す指標といえます。上述の「組成」で対象としていた化学物質だけではなく、それよりもさらに広くなったイメージをするといいです。

具体的には、「音楽の曲の構成」「本の構成」「2部構成」「システム構成」などとあらゆる対象に対して使用するわけです。

このように組成と構成には違いがあるのです。

構造と組成と構成の違いと使い分け

さらに、組成や構成と似た言葉として「構造」というものあります。

この構造とは、上の組成や構成といった作られている要素に着目するのではなく「ある対象がどのように作られているか」を表す言葉といえます。この構造という言葉は、機械、機構的(メカ的)なものをイメージすると理解しやすいです。

なお、構造を使用した用語としては「階層構造」「部品の構造」「臓器の構造」などが挙げられます。

まとめ 組成と構成と構造の違いと使い分け

ここでは、組成と構成と構造の違いと使い分けについて確認しました。

・組成:「ある物質などの要素が何がどのくらいで作られているのか」を示す指標で主に化学物質に使用する
・構成:組成と同様に対象がどのような要素で作られているのかを示すものだが、対象がかなり広い
・構造:組成や構成といった作られている要素に着目するのではなく「ある対象がどのように作られているか」を表す言葉

といえます。

似たような言葉を的確に使い分けて業務に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました