底面とはどこ?天面や上面や下面との違いは【底面の反対や読み方や意味】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

科学的な解析を行う時や、ビジネスにおいてよく専門用語が出てくることがあります。

これらの科学用語やビジネス用語を理解していないと各処理ができないことが多く、きちんと理解しておくことが大切です。

たとえば、材料の一部を表す際に底面や天面、上面、下面という言葉がでてきますが、この意味や違い、読み方ついて理解していますか。

ここでは、これら「底面はどこ?」「上面や天面や下面との違い」「底面の反対は?」などについて解説していきます。

スポンサーリンク

底面とはどこ?底面の反対は?【上面、天面、下面との違い】

まず、ある材料や立体に注目した際に、さまざまな面が現れます。

例えば、円柱や立方体などではあれば、底面とは図示されている際の底の位置にくる面をさします。

以下の部分です。

なお、立方体などではすべて同じ面であり「底面はどこ?」と疑問に持たれるかもしれないですが、基本的にはその時図示されていて底の位置にきているのが底面と捉えるといいです。

また、風船のようなすべて曲面でできたものは、基本的に面を区別することはできません。このような物体や図形ては、底面などの概念はないといえます。

これが底面の意味です。

底面の読み方は「そこめん」ではなく「ていめん」

なお、底面の読みは「そこめん」では「ていめん」であるので、間違えないようにするといいです。

基本的にはこれらの用語は、音読みするのが普通といえます。

底面の反対は上面や天面?類義語は下面?【違いは?】

なお、底面の反対に位置する面を、基本的には上面(じょうめん)や天面(てんめん)とも呼びます。

また、底面の類義語として、下面(かめん)と呼ぶこともありますが、一般的には底面と表現することを覚えておきましょう。

これらが、底面、下面、上面、天面の違いと意味です。

まとめ 底面の意味と読み方、下面、上面、天面との違い

ここでは、底面、下面、上面、天面の違いと意味、読み方について解説しました。

底面(読み方はていめん)とは物体や図形において底の位置に書かれている面を意味します。

なお、立方体では底面はどこ?と疑問に持たれる方もいますが、やはりその図で底に書かれている面が底面です。

さらに、底面の類義語として下面、反対の言葉として上面や天面があることも併せて覚えておくといいです。

さまざまな専門用語を理解し、業務に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました