頻度や危険性は「高い」「多い」「大きい」のどれを使うべきか【低い、少ない、小さい 】

ビジネス用語
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よく言葉の表現方法についてどれを使用していいのかわからなくなるときがあるものです。

例えば、私たちの頻度や危険性など用語で、程度について表現する際に「頻度が多い、高い」や「危険性が高い、大きい」などと何気なく表現することがありますが、厳密にはどれが正しいものか理解していますか。

ここでは、頻度や危険性の程度を表す時の表現方法について確認していきます。

スポンサーリンク

頻度は高い、多いのどちらを使うべき?【低い、少ない?】

私たちが生活する中で、よく頻度の程度を表現する機会がありますよね。

この時頻度の程度を表す言葉として「頻度が高い、多い」などの表現があるわけですが、最も自然な言い回しは「頻度が高い」となります。

これは、公的機関におけるアンケート調査としてもわかっている事実であり、以下のよう頻度は「高い」が最もしっくりくるという意見が多いようです。

http://www.lingua.tsukuba.ac.jp/ippan/TWPL0/TWPL06_32/4_nabatame_nagai2013.pdfより引用

たしかに私自身も「頻度が高い」が最も自然と感じ、頻度が多いと聞くと少し違和感を感じます。頻度が大きいは明らかにおかしいともいえます。

危険性は「高い」「大きい」のどれを使うべき?【低い・小さい?】

なお、程度を表すのがやや難しい言葉として、危険性という言葉も挙げられます。

この危険性は「高い、大きい」のどちらを使用するべきなのでしょうか。実は危険性も「高い」と表現するのが最も自然という統計的なデータが出ています。

以下の通りです。

確かに、改めて「危険性が高い」「危険性が大きい」「危険性が多い」と言葉に出してみると「危険性が高い」が一番しっくりくるなと感じますね。

これらの言い回しは、時代によっても変化していくものですが、その時に正しいと思われる表現をきちんと覚えておくといいでしょう。

まとめ 頻度や危険性は高い・大きい・多いのどれを使う?

ここでは、頻度や危険性は「高い」「大きい」「多い」のどれを使用するのがいいのかについて確認しました。

実は

・頻度が高い

・危険性が高い

と両方とも「高い」と表現するのが自然といえます。これらは統計としてそうなっているのです。

ただ、時代とともに変化することもあるので、その時代に応じた表現方法を理解していきましょう。

正しい言い回しを理解して毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました