普通と普段と普遍の違いと使い分け

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネス文書を書くときには、使用する言葉をより正しいものにした方がいいです。

ただ、ビジネス用語にて似ている言葉は多くあり、それらの区別が難しいことがあります。

例えば、普通や普段や普遍といった似たようなものを見かけますが、これらの意味や違いについて正しく理解していますか。

ここでは、これら普通と普段と普遍の違いについて確認していきます。

スポンサーリンク

普通と普段の違いと意味

まずは、普通の意味について確認していきます。

普通とは「常識的、一般的」「当たり前とより思われやすい状態」を意味する用語といえます。

例えば、普通の男の人生といえば、より多くの人が辿りそうな人生である、「サラリーマンになって、結婚して、子供が生まれ、定年して。。」といった常識的なものをさすわけです。
他にも、普通の服といえば、いわゆる奇抜でない平凡な色、デザイン、大きさの服を表しているといえます。

一方で普段とは「その人がいつもとっている行動や状態と同じような状況」を指しているわけです。

つまり、普段の行動といっても「毎日激務に追われて仕事をしている人」「ほとんど働かずにのんびりしている人」では指すものに違いがあるのです。

他にも、普段の服であれば、日常的に奇抜な格好をしている人からすると「奇抜な服」が、普段着となり、スーツばかり着ている人はそれが「普段の服」といえるわけです。

これが、普通と普段の違いといえます。

普通と普遍の違い【普遍的の意味】

なお、普通や普段と似た言葉として普遍と呼ばれるものもあります。

この普遍とは「変化しない」「変わらない真理」という意味を持ちます。

つまり「日本では朝に太陽が昇り、夕方に沈んでいく」「いつか人は無くなる」ということは普遍的な事実といえるのです。

よって、普遍とは普通よりも「さらに絶対的なものである」というイメージを持っておくといいのです。

これらが、普遍と普通と普段の違いです。

まとめ 普遍と普通と普段の違い

ここでは、普通や普段や普遍という言葉の意味と違いについて確認しました。

普通、一般的、常識的なこと

普段、その人がいつも行っていることや習慣

普遍、絶対的に変化しないこと

という意味と違いがあることを覚えておくといいです。

さまざまな似ている言葉の意味や違いを理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました