l/tの意味や読み方はリードタイム?ビジネスや製造や購買におけるリードタイムをわかりやすく解説【リードタイムが長い、生産リードタイムとは】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスにおいてさまざまな略語や専門用語が出てくることがあります。
ただ、このようなビジネス用語を理解していないと各処理ができないことが多く、きちんと理解しておくことが大切です。

たとえば、製造や購買を始めとしたビジネスの現場においてよくltやl/tなどの表記を見かけますが、これらの意味について理解していますか。

ここでは、製造や購買などのビジネスにおけるltの意味や読み方(リードタイム)、関連用語の工程リードタイムや生産リードタイムについて確認していきます。

スポンサーリンク

l/tの意味や読み方はリードタイム【リードタイムが長いなどについてわかりやすく解説】

結論からいいますと、製造や購買を始めとしたビジネスで出てくるl/tの意味や読み方はリードタイムです。

特に製造工程におけるリードタイムとは、ある製品を作り始めてから、完成するまでの時間、期間のことを指します。
このリードタイムのことを別の言い方では、製造リードタイムや生産リードタイムなどと呼んだりします。
なお、開発案件全体としてみた場合は、開発に着手してからそれが完了するまでの期間を指すこともあります。

一方で、ビジネスにおいても購買、発注関係の場合のltは上とは意味が少し異なります。

発注処理関係でのl/tの意味もリードタイムと訳しますが、具体的には発注してから納品されるまでの期間を指すのです。

つまり、リードタイムが長いとは生産ラインでは「製造する工程でかかる時間が長いこと」、購買関連では「発注してから納品されるまでの時間が長いこと」を示しています。

いずれにせよ、基本的にリードタイムは長いよりも短縮させて短くなった方がいいのです。

リードタイム(l/t)と納期の違い【数え方は?】

なお、上述の通りリードタイムの意味は「ある事柄に着手してから完了するまでの期間」を指します。

よって、数え方としては5日間、1ヶ月、3時間のように時間、期間で表現するのが基本です。

一方で、納期とは「納品する期日」というある一点を指しているわけです。

よって、納期は発注してから1ヶ月後などと、指定した期日で示すのが一般的なのです。

これらが、リードタイム(l/t)と納期の違いといえます。

まとめ l/tの意味や読み方はリードタイム(時間)?数え方は?【購買や製造などのビジネス】

ここでは、ビジネスで見かけるltの意味や読み方、数え方などについて解説しました。

ltとはリードタイムの略であり、ある物事に着手してから完了するまでの時間を指します。

なお、製造や購買などの分野の違いで意味が若干異なることにも気をつけるといいです。

また、リードタイムの数え方は日数、月数などの期間であることに注意すべきです。

各ビジネス用語を理解して、業務の効率化やを図っていきましょう。

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました