湖と海と湾の違いと使い分け

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネス文書を書くときには、使用する言葉をより正しいものにした方がいいです。

ただ、ビジネス用語にて似ている言葉は多くあり、それらの区別が難しいことがあります。

例えば、湖や海や湾といった似たようなものを見かけますが、これらの意味や違いについて正しく理解していますか。

ここでは、これら湖と海と湾の違いについて確認していきます。

スポンサーリンク

湖と海の違いと意味

まずは、海の意味について確認していきます。

海とは、いわゆる日本海、太平洋などの地球の中の大部分を占める水で占められた部分を指します。

基本的には塩分を含む海水で出来たものがこの海に相当しますが、広義の意味では淡水でも上述の定義を満たしていれば海と呼ぶこともあります。

海の中に私たちが住む大陸があるというイメージを持っておくと「海」を理解しやすいです。

一方で、湖は海とは逆で、ある陸地の中に水深5m以上の水が溜まり、水中では植物等が育たない場所といえます。

しかしながら、海と湖には厳密な定義はなく、あくまでイメージといえ、基本的にはその大きさは湖よりも海の方が大きくなるわけです。

ただ、海外には〜海のように湖にも関わらず、海と表現する場所もあるので、注意するといいです。

海と湾の違い【湖との違い】

このように、湖と海には違いがあるわけですが、さらに似た言葉として湾というものがあります。

この湾とは、東京湾などの言葉からもわかるようにある地形のくぼみにできた場合の入江上の海のことを指します。

以下のようなイメージです。

つまり、湾は海の中の一種ともいえ、そのできる場所によって湾と呼ばれることを理解しておくといいです。

まとめ 海と湖と湾の違い

ここでは、海や湖や湾という言葉の意味と違いについて確認しました。

海、地球上の大部分を占める水(基本的に海水)で出来たところ。海の中に大陸がある、イメージ

湖、海との厳密な違いは定義されていないものの、陸の中にできた水たまりで水深5m以上のところ。

湾、海の中でも陸地のくぼみにできた部分。入江のようなイメージ。

という意味と違いがあることを覚えておくといいです。

さまざまな似ている言葉の意味や違いを理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました