「見せていただく」「見させて頂く」「拝見させていただく」「おっしゃっていただく」は正しい日本語なのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスにおいて敬語の使い方は意外と難しいものです。

そして、敬語の使用方法がおかしいと相手に不快な思いをさせるケースもあるため適切な敬語の使い分けを身につけておくといいです。

中でも「おっしゃっていただく」「見させていただく」「見せて頂く」「拝見させて頂く」などの敬語表現は正しいものかどう判断が困難であり、以下で詳細を確認していきます。

スポンサーリンク

おっしゃっていただくは正しい敬語!二重敬語ではない

結論からいいますと、おっしゃっていただく、おっしゃって頂くは適切な敬語表現といえます。

これは、言うの尊敬語のおっしゃると、するの謙譲語の頂く(いただく)が繋がったものであり、文法的には問題ないです。

つまり、おっしゃっていただきます。おっしゃっていただこうなど、これらの表現は構造的には正しいわけです。

ただ、二重敬語ではないものの、なんとなく違和感が残る表現と感じる方も多いでしょう。
このようなケースでは、お話しいただくくらいの伝え方の方が、より自然といえます。

見させて頂くや見せて頂くも文法的には間違っていない

このように、正しいのかどうか迷う敬語表現として、おっしゃって頂くというものがあるのです。

さらには、「見させて頂く」も「見せて頂く」なども間違った敬語かと考えがちですが、こちらも正しい敬語といえます。

具体的には、見るの謙譲語として「見させて頂く」も「見せて頂く」も挙げられ、二重敬語ではありません。
拝見すると同じ立ち位置にあると理解しておくといいのです。

見せて頂くと見させて頂くの違い

このように見せていただくも見させていただくも、敬語として問題ないわけですが、意味に若干の違いがあるため気をつけるといいです。

ここで、見せて頂くはあくまでこちらから目上の人に対して見せて欲しい気持ちがあるときに使うものです。

一方で、見させて頂くは目上の方があなたに対にて見てもらいたいと頼んできた際に、使用する言葉なわけです。

よって、どちらを使うにしても場面での使い分けをきちんと行うといいです。

拝見させて頂くは二重敬語でNG!

さらに、見せて頂くではなく、拝見させていただくとなるとこれは二重敬語になるため、NGな表現です。

拝見するは見るの謙譲語、させていただくもさせてもらうの謙譲語だからです。

よって、使うなら拝見するだけでいいのです。

まとめ 見させて頂く、見せて頂く、おっしゃって頂く、拝見させていただくは正しい敬語か?

ここでら、見させて頂く、見せて頂く、おっしゃって頂く、拝見させていただくは正しい敬語かについて解説しました。

見させて頂く、見せて頂く、おっしゃって頂く共に正しい敬語です。

ただ、おっしゃって頂くは使用に若干のの違和感がでるため、お話しいただくなどの方がより適切といえます。

また、拝見させていただくは二重敬語で正しくない使い方です。

きちんと敬語の使い回しを理解して、毎日の業務に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました