荷重と加重の違いと使い分けは?過重との関係性は?【荷重をかける・加重する】

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク

ビジネス文書を書くときには、使用する言葉をより正しいものにした方がいいです。

ただ、ビジネス用語にて似ている言葉は多くあり、それらの区別が難しいことがあります。

例えば、荷重や加重や過重といった似たような言葉をよく見かけますが、これらの意味や違いについて正しく理解していますか。

ここでは、これら荷重や加重と過重の違いや使い分けについて確認していきます。

スポンサーリンク

荷重と加重の違いと意味【荷重をかける、加重する】

まずは、荷重の意味について確認していきます。

こちらの荷重とは、材料力学や建築などの分野においてよく使用される言葉であり、「ものとものが接触した際の面を通してかかる力」のことを指しています。別名では外力やそのまま力などとも呼びます。

荷重は以下のようなイメージで表すことができます。

なお、荷重は荷重をかける、荷重を加えるなどといった用法で使用するのが基本です。

また、基本的にはこのような力学的な意味を表しますが、ここから転じて精神的な意味での負担のことを指すケースもたまにあります。

言葉の通り、荷が重い状況を表しているわけです。

加重とは?荷重との違いは?かちょうとも読む?

一方で、加重とは「どんどん重くなっていく様子」「重み付けをすること」を意味します。

つまり、力が既にかかっている状態からさらに重み、力を上げていくことを加重というわけです。

よって、「荷重はかける力自体」「力をかかっていない状態からかかっている状態に変化させること」をいうのに対して、加重は力を加える現象のことを指すのです。

また、加重は荷重と同様に、精神的な面でも、使用しますが、こちらの場合でも精神的な負担を上げることを加重と呼ぶことを理解しておくといいです。

なお、加重は基本的には「かじゅう」と読みますが、狭義には精神面での加重のみを「かちょう」と表現することも覚えていきましょう。ただし、一般的にはかじゅうと呼ぶのがほとんどです。

このように荷重と加重の違いがあるのです。です。

過重と荷重と加重の違い

なお、荷重や加重と似たような言葉として、過重というものがあります。

この過重も言葉の通りといえ、いわば重量オーバーのことを指します。

例えば、エレベーターなどに乗り、規定の重量を超えたとしたら過重となるわけです。こちらの過重は比較的イメージしやすいので、悩むとしたら上の加重か過重かが多くなります。

まとめ

ここでは、荷重と加重と過重の違いや使い分けについて解説しました。

荷重とは、物体と物体が接触する際の力や力がかかる現象を指します。一方で加重とは、既にかかっている力が、さらに上昇することを示しているのです。さらに、過重は重量オーバーを意味しているわけです。

荷重と加重などの各用語を学び、日常生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました