スポンサーリンク

ほうれん草の漢字表記は菠薐草や法蓮草や法連草や鳳蓮草や赤根草か?読み方や和名や由来・語源も解説!【難読漢字】

私たちが生活している中で、よく聞く言葉だがその漢字表記がわからないものに遭遇することがあります。

例えば、代表的な野菜の一つである「ほうれん草」の漢字表記やその漢字の由来・語源について理解していますか。

ここでは、このほうれん草に着目してほうれん草の漢字表記は菠薐草か法蓮草や法連草か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)や英語表記は?法蓮草や法連や法蓮草や法連草男の意味や読み方は?について解説していきます。

スポンサーリンク

ほうれん草の漢字表記は菠薐草か法蓮草や法連草か?和名・由来・語源を解説!【難読漢字の読み方】

それでは以下で難読漢字といえる野菜の「ほうれん草」の漢字について確認していきます。

結論からいいますと、ほうれん草の漢字表記は「菠薐草や法蓮草や法連草や鳳蓮草や赤根草か」です。

なお、漢字では上のように記載するものの一般的には「ほうれん草」というひらがなかと感じの組み合わせ、「ホウレンソウ」というカタカナ表記が使われると覚えておきましょう。

上の漢字では、難しかったり、違和感を感じたりしますからね。

 

ほうれん草が和名で「菠薐草」と名付けられた由来・語源も確認していきます。

結論からいいますと、ほうれん草に菠薐草という漢字が充てられた由来・語源としては、中国からほうれん草が伝わってきたことと関係しています。

単純に、中国でもほうれん草のことを「菠薐」と記載しており、日本においてもそのままの中国名を採用し、菠薐草≒ほうれん草と名付けているわけですね。

しかしながら、日常的な場面では菠薐草と書いてもまず伝わりませんので、ひらがな表記を使用しましょう。

また日本におけるほうれん草の植物学的な名称としてもこの「菠薐」が使われているようです。

 

ほうれん草は漢字で法蓮草や法連草や鳳蓮草や鳳連草とも書く

なお、他のほうれん草の漢字としては、法蓮草や法連草や鳳蓮草や鳳連草などとも記載します。

しかしながらこれらの「法蓮草や法連草や鳳蓮草や鳳連草」の漢字表記の由来・語源の詳細は明らかになっていません。

ただ私が感じるこれらの漢字がこのように名付けられている理由としては、

・当て字
・中国から伝わってきたこともあり、それっぽい漢字表記となっている

ことが理由と感じます。

例えば「ほう」という漢字であれば、中国から伝わってきたことをイメージすると、個人的に「法」や「鳳」を使用することは自然なことに思えます。同様に、「れん」であれば「連」または、草を意味する草冠が付いた「蓮」を使うのが、妥当かと。

最後の「草」はいうまでもないでしょう。

なお、以下のほうれん草の動画はかなり美味しそうでおすすめですね。

 

ほうれん草は赤根草とも書く

またほうれん草を漢字で、赤根草と記載するケースもあります。

これはほうれん層の外観的な特徴が由来・語源となっており、ほうれん草は単純に「赤い根の草」であるために、このような漢字で表現されています。

このように、ほうれん草の漢字・和名表記をはじめとしてその命名の由来・語源を知っておく・想像すると面白いし、覚えやすいためおすすめです。

なお、似たような野菜のチンゲンサイの漢字はこちらで解説していますので、参考にしてみてください。

 

ほうれん草のおひたしを漢字にするとどうなるか?

なお、よく食事で出てくるほうれん草のおひたしを漢字にするとどうなるか?

についても見ていきます。

まず、おひたしを感じにすると「御浸(し)」「お浸(し)」です。単純に醤油などに浸した料理だからですね。

これに上のホウレンソウの漢字を加えると「法蓮草の御浸」などの漢字で表すことができます。

漢字で書くと、凄味が出てきてかっこよく見えますね。

 

ほうれん草の英語表記は?

続いて、ほうれん草の英語表記についても確認していきましょう。

ほうれん草の英語表記はSpinach(読み方:スピニッチ)と、和名とは全然違いますね。

なお、発音的にスピナッチではなく、スピニッチと「二」に近いものになるとも覚えておくといいです。

 

まとめ 菠薐草や法蓮草や法連草の読み方や意味はほうれん草?語源や英語での表記は?

ここでは、ほうれん草の漢字表記は菠薐草や法蓮草や法連草か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説しました。

野菜の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

ほうれん草を始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活をより楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました