日傘はうざい?邪魔?危険?使う場所を考慮したり、別の紫外線対策もすべき

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近では女性だけでなく、男性も日傘をさすような時代になってきたほどに「日傘」の認知度が高くなってきています。

ただ、それでも日傘をさしたり、さしているひとを見るたびに「うざい」「邪魔」とあまり良い印象を持たない方もいることも事実です。

実際のところ、どのようなことが原因で日傘をさすことに対する不快感を持ってしまうよでしょうか。また、日傘をさすことによってあまり嫌な印象を与えないためにはどのような対策を取るといいのでしょうか。

ここでは、日傘は邪魔、危険と思われる理由と、うざいと感じられない対処方法について解説していきます。

スポンサーリンク

日傘がうざい、邪魔と感じられる原因

日傘をさすことに対して不快に感じさせる原因は複数あげられ、以下で各々の項目を確認していきます。

通勤時など人混で日傘を使う

日傘が危険、うざいと感じられてしまう大きな理由に「人混みでの使用」が挙げられます。
つまり、人口密度が高いところにおいて、他の人にぶつかる危険性がある日傘を使っているのはマナー違反なのではないか?と考えているわけです。

こればかりは、人それぞれの価値観による部分もあるので一概には言えないですが、通勤時やディズニーランドでの行楽地で尋常ではないほどの人混みが起こっているケースで使用するのは避けた方がいいと私は思います。

もちろん、対して混み合っていない場合では、日傘を使うのは誰にも迷惑をかけないと思うため、ありといえるでしょう。

デブ、美人でない方が日傘を使う

なお、大変失礼な話となってしまいますが、太っている方が日傘を使用することによって、うざい、邪魔と感じる方も一定数いるようです。

このようなケースでは、不快に感じる方に問題がある場合が高いため、日傘の使用をやめなくももちろんいいといえます。

ただ、言われた本人が気になって仕方ないのであれば、このようなシチュエーションにて日傘の使用を控え、後に解説するような日傘以外の対策を取るのも1つの方法といえるため、参考にしてみてください。

単純に晴れた日に傘をさす価値観がない

なお、自分自身に晴れの日に日傘をさす習慣がない場合は、この行為自体に違和感を覚える方もいるわけです。

つまり、なんとなく日傘をさすことにうざいと感じる方が存在するのです。

こちらのケースでも、やはり価値観の違いであるために、相手の価値観に合わせて日傘をささないというのもおかしな話といえます。
そのため、こちらの場合でも、あなた自身がどうしたいかを優先して日傘をさすかどうかの判断をするといいでしょう。

日傘は危険、邪魔と思われない対策

このように、日傘をさすことがうざいと思われる理由には様々ありますが、聞き入れるべきは「人混みでの使用は避けるといい」ということです。
そのため、通勤などで明らかに人が多いときは日傘の使用を控えるといいです。

なお、他の理由であっても、自分自身がうざい、邪魔と思われたくないのであれば、以下のような別の対策をとるといいです。

日焼け止めを徹底する

紫外線対策の王道である「日焼け止めを徹底する」ことによって、一時的に日傘を使用しないこともありといえます。

今では、spfの値が50と非常に高性能なものが多いため、上手に活用すべきといえます。

飲む日焼け止めを使用する

なお、最近では飲む日焼け止めと謳った製品を見かけるようになってきました。

これは、日焼け止めというよりも、抗酸化作用がある物質を摂取することで、アンチエイジングするためのサプリ的な位置付けといえます。

そのため、先にものべた日焼け止めをベースに紫外線カットを行いつつ、抗酸化作用を高めることで、老化を防ぐためのものといえるのです。

日傘以外の日焼け対策も行い、うざい、危険と思われないように心がけましょう。

まとめ

ここでは、日傘は邪魔、危険と思われる理由と、うざいと感じられない対処方法について解説しました。

日傘がうざいと感じられるのは、「人混みで使用している場合」「価値観によるもの」が理由です。
そのため、通勤時などの明らかに人が多い場面では日傘の使用は避けた方がいいと思います。
それ以外のケースでは、あなたの判断で日傘を活用するといいです。
どうしても日傘を使うことが邪魔と思われたくないの場合は、日焼け止め、飲む日焼け止めなど別のUV対策を行うのがおすすめです。
上手に日傘以外方法を活用してアンチエイジングを行っていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました