カーテンで紫外線はどのくらいカットできる?UVカットカーテンやレースカーテンではどうか?【室内での日焼け対策】

スポンサーリンク

若々しい容姿を維持するためには、紫外線対策を行って、日光による老化を防ぐことが大切です。

外に出かける際には日焼け止めを使ったり、日傘を使ったりすることによって紫外線のケアを行うことが基本ですが、室内での紫外線対策は行っていますか。

実は、部屋の中でも紫外線が多く入って来ているケースがあり、こちらの状況であってもきちんと対策しておくべきなのです。
中でも、屋内でのUVカット方法として、最も手軽と考えられるものに「カーテンを取り付ける」というものがありますが、どのくらい紫外線を防ぐことができるのでしょうか。

ここでは「普通のカーテンで紫外線をどのくらい防げるのか」「UVカットカーテンとの違いは?」「レースカーテンでも紫外線の遮断できる」について解説していきます。

スポンサーリンク

カーテンでは紫外線をどのくらいカットできるか

結論から言いますと、普通のカーテンであっても、9割以上の紫外線を防ぐことが可能です。
以下のようなものです。

これは基本的にカーテンには濃い目の色がついており、かつその素材の厚みが数mm以上と、紫外線を遮断するのに十分な厚さであることからもいえます。

これは比較的素材の厚みが薄い日傘などでも色が濃いものであれば、大半の紫外線を防げることからも想像できるといえます。

ただ、普通のカーテンを閉めてしまうと、同時に光自体も遮断してしまうため、部屋が暗くなってしまうという問題がおきるわけです。

日光の光ではなく部屋の蛍光灯をつけることが気にならない方であれば、この通常するカーテンを閉めるだけで、アンチエイジング対策として十分な紫外線カットができることを覚えておくといいです。

レースカーテンのUVカット効果は?

続いて、メインのカーテンだけでなく、レースカーテンの場合は、紫外線をどのくらい遮断できるのでしょうか。

実のところ、レースカーテンでは紫外線対策として十分なレベルにUVカットすることはできません。

これは、レースカーテンの役割としてそもそも外から見えるのを防ぐというものがあるためです。
そのため、紫外線防止の設計はされていないわけです。
具体的には、レースカーテンは白色かつ透かしが入っている以下のようなものがほとんどです。

白色ではあまり紫外線カット効果がなく、かつ隙間が空いているため、紫外線、日光の両方が普通に入り込んできているわけです。

そのため、レースカーテンだけでは紫外線が抑制出来ず、老化が進む傾向にあるといえます。そのとめ、先にものべた普通のカーテンをするか、後に解説するUVカットカーテンを使うのがおすすめです。

UVカットカーテンでは紫外線のみを防げる

このように「普通のカーテンでは紫外線はカットできるものの日も通さなくなる」「レースカーテンでは紫外線が透過する」わけです。

そこで、紫外線と日の光の両立できるものとして開発されたのが、UVカットカーテンといえます。

つまり、光自体は通すものの、紫外線はアンチエイジング対策として影響ないレベルで遮断できるものといえます。

そのため、日の光も紫外線カット機能も両立させたいのであれば、この紫外線カットカーテンを買うべきといえます。

あなたの紫外線対策への要求レベルに合わせて、使用するカーテンの種類を最適化していきましょう。

まとめ

ここでは、普通のカーテンで紫外線をどのくらい防げるのか」「UVカットカーテンとの違いは?」「レースカーテンでも紫外線の遮断できるのか」について解説しました。

通常のカーテンでは老化が加速しないレベルに紫外線の透過率を下げることが可能です。
ただ、同時に光も遮ってしまうデメリットが挙げられます。

一方で、レースカーテンでは隙間のあり、白色であるために、あまりUVカットができません。

このとき、室内にてUVカットカーテンを活用すると、光が遮断されず、紫外線のみを防ぐことが可能です。

あなたの希望に合わせた適切な対策を行い、若々しい毎日を送っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました