紫外線は白と黒のどちらで防げる?白色の日傘は意味ないのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

健康、美容の観点から考えた場合、強い紫外線が直接肌に当たることはできる限り避けた方がいいです。

代表的な紫外線を防止する方法の1つとして日傘を使うことが挙げられるわけですが、実際のところ日傘の色によって、日光を防ぐ能力が大きく変化するといえます。

ここでは、紫外線の透過率と色の関係性について解説していきます。

スポンサーリンク

紫外線は白よりも黒の方が透過を防ぐ【日傘は何色がいい?】

結論から言いますと、紫外線を大きく防げる色は黒であり、白ではそこまで紫外線の透過能力を抑えることはできなません。

つまり日傘であれば、以下のような黒色(ブラック)であり、かつ透かしが入っていないようなものを選んだ方が、紫外線による日焼けなどの悪影響を抑制できるのです。

逆に、透明なビニール傘、白色の傘などでさしたとしても、そこまで高い紫外線(uv)をカットできる能力はなく、あまり意味がないといえます。

この理由としては、そもそも色が濃い物質のほうが化学の物性的に紫外線を吸収しやすく、透過させにくいという性質を持っているためです。

日傘はグレーやネイビーでも比較的紫外線カットできる

このように、色の濃さと紫外線(uv)の透過率の抑制効果には関係性があります。そのために、黒とまではいかなくても、グレーやネイビーなどの若干の濃いめの色であっても、ある程度の紫外線を防ぐ効果が期待できるといえます。

ただ、黒色が最も紫外線を防止する能力が高いので、より老けたくない、アンチエイジングしたい方であれば、黒色の日傘もしくは普通の傘をさすのがおすすめです。

かつ、素材の厚みが厚いほど、よりuvカット能力が上がるため、こだわりがあれば素地が厚いものを購入するか、自分で継ぎ足してもいいです。

まとめ

ここでは「紫外線は何色だと最も防ぐことができるのか」「白色の日傘は意味ないのか」について解説しました。

uvカットをより効率的に行うには、黒色の日傘をさすのが最適です。これは単純に、科学的に色が濃い、暗めのほうがやり紫外線の透過率を下げることができるためです。

そのため、白や透明の傘ではあまり紫外線を防ぐことができず、肌の老化につながりがちです。
なお、ネイビーやグレーあたりのやや濃い色でも、ある程度の紫外線の遮断効果が望めますが、やはり黒の日傘の能力が最も高いです。
そのため、美容、アンチエイジングを徹底したい方であれば、黒の日傘などを使うのがおすすめです。
適切な日焼け、紫外線対策を行い、より若々しい毎日を送っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました