ティースプーン一杯は何ml(何cc)?何g?小さじ一杯との違いは?大さじ一杯は何杯分?【容量や重さ】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。

例えば、私たちが普段よく紅茶やコーヒーを飲む際などに使うティースプーン一杯は何ml(何cc)なのか理解していますか。

ここでは、生活でよく使用する「ティースプーン一杯の容量は何ml(何ミリリットル)で重さは何g(何グラム)なのか」「半分ではいくらか」「小さじ一杯との違いは?」「大さじ一杯との代用の方法」について解説していきます。

スポンサーリンク

ティースプーン一杯は何ml(何cc)?何g?【重さは何グラムで容量は何ミリリットルか?】

結論から言いますと、基本的にティースプーン一杯は約5mlの容量です。なおmlとccの数値は同じで変換できるため、ティースプーン一杯は5ccとも表現できるわけです。

続いてティースプーン一杯は何グラム(何g)なのか?についても考えていきます。

こちらの重さは入れる物質の密度によって変化しますが、密度の数値が約1g/mlである水であればティースプーン一杯で5g(5グラム)程度の重さとなります。

油などでは密度が約0.9g程度であるため、ティースプーン一杯では約4.5gあたりとなるのです。

なお、紅茶やお茶の茶葉やコーヒー豆などの、かなり密度が小さいものであれば、約2g〜3gあたりの重量となることも覚えておくといいです。

この時、ティースプーンでの盛り方などによってもそのミリリットル数やグラム数は変化することを理解しておきましょう。

ティースプーン半分は何ml(何cc)?

さらには、ティースプーン半分程度の容量がどのくらいかも考えていきます。

単純に上の数値の容量の半分の数値を記載すればいいため、ティースプーン半分は約2.5ml(2.5cc)と求めることができました。

半分などですくうこともよくあるので、理解しておくと便利です。

ティースプーンと小さじ一杯との違いは?【代用できる?】

なお、ティースプーンは実は小さじがない場合の代用品としても活用することができます。

具体的には小さじ一杯も5ml(5cc)であるために、一般的なティースプーン一杯と小さじ一杯は大体同じ容量も考えていいわけです。

ティースプーン一杯と大さじとの関係

このように小さじとティースプーンは同程度の容量、重さといえます。

このとき、大さじ一杯の容量は15ml(15cc)であることを考慮すると、大さじ一杯は15÷5=3よりティースプーン約3杯分に相当することがわかるわけです。

こちらも手元に大さじがなく、ティースプーンのみがあるケースなどの代用品として活用していくといいです。

まとめ ティースプーン一杯は何ml(何cc)?何g?小さじ一杯との違いは?大さじ一杯は何杯分?【容量や重さ】

ここでは、ティースプーン一杯は何ml(何cc)?何g?小さじ一杯との違いは?大さじ一杯は何杯分?かについて解説しました。

・一般的なティースプーン一杯は約5ml(5cc)で水なら5g程度、紅茶やお茶茶葉やコーヒーなら2-3g程度
・ティースプーン半分では約2.5ml程度
・ティースプーン一杯は小さじ一杯との容量の違いはほとんどなく同等
・大さじ一杯はティースプーン約3杯分

ティースプーンなどの身近な製品への理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごししょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました