スポンサーリンク

1の2乗の答えは?1の3乗や1の1乗の答えや計算方法は?

科学的な解析を行う際には数値計算はとても重要です。

例えば1の1乗、1の2乗、1の3乗などの表現は意外とややこしく、これらの計算方法や答えについて理解できていない方も多いです。

ただ各解析を行うためにはこれらの計算の理解が必須であり、ここではこれら「1の1乗の計算方法と答えは?1の2乗の計算方法と答えは?1の3乗の計算方法と答えは?」について解説していきます。

スポンサーリンク

1の2乗の意味や計算方法や読み方は?

それではまず1の2乗の計算方法と答えについて解説していきます。

結論からいいますと1の2乗の答えは「1」です。

続いて1の2乗の計算の流れも見ていきましょう。

AのB乗とは、AをB回かけることに相当するため、1の2乗とは1を2回かける計算の「1×1」に相当するわけです。

つまり上述の通りの1が答えなのです。ちなみに1の2乗の読み方は「いちのにじょう」となります。

1の2乗のことを1×2=2と間違って計算しないように気を付けるといいです。

 

1の3乗の意味や計算方法や読み方は?

続いて、1の3乗の計算方法と答えについて解説していきます。

結論からいいますと1の3乗の答えも「1」です。

さらに、1の3乗の計算の流れも見ていきます。

上述のようAのB乗とは、AをB回かけることに相当するため、1の3乗とは1を3回かける計算の「1×1×1」に相当するわけです。

つまりこちらの1の3乗の答えも1なのです。ちなみに1の3乗の読み方は「いちのさんじょう」となります。

1の3乗のことを1×3=3と間違って計算しないように気を付けるといいです。

 

1の1乗の意味や計算方法や読み方は?

さらには、1の1乗の計算方法と答えについて解説していきます。

結論からいいますと1の1乗の答えも「1」です。

 

さらに、1の1乗の計算の流れも見ていきます。

上述のようAのB乗とは、AをB回かけることに相当するため、1の1乗とは1を1回かける計算、つまり1そのものが答えになるのです。

ちなみに1の1乗の読み方は「いちのいちじょう」となります。

基本的に、どのような数であっても1乗であれば、元の数値そのものになると覚えておきましょう。

 

まとめ 1の2乗の答えは?1の3乗や1の1乗の答えや計算方法は?

ここでは、1の2乗の答えは?1の3乗や1の1乗の答えや計算方法は?について解説しました。

改めて整理しますと

・1の1乗:1

・1の2乗:1

・1の3乗:1

と1の~乗では基本的に1となります。

乗数の計算は間違いやすいので、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな計算になれ、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました