1アンペア(A)は何ワット(W)?1ワットは何アンペア?AとWの換算(変換)方法【1Aは何W?1Wは何A?】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

科学的な解析をする際によく単位変換(換算)が必要となることがあります。

例えば、電気の分野の単位としてA(アンペア)やW(ワット)というものをよく使用することがありますが、これらの変換(換算)方法について理解していますか。

ここでは、これらA(アンペア)とW(ワット)やの単位変換(換算)方法について確認していきます。

スポンサーリンク

1アンペア(A)は何ワット(W)?1ワットは何アンペア?AとWの換算(変換)方法【1Aは何W?1Wは何A?】

それでは、電気関連の単位であるA(アンペア)とW(ワット)について確認していきます。

アンペアとは電流値(1秒間に移動する電荷の量)の単位を指します。具体的には1C(クーロン)の電気量が1sで運ばれた場合のこの勢いを1Aとイメージするといいです。

一方で、ワット(W)とは電力の単位であり、1W=1A×1Vと定義されています。つまり、電流と電圧の積が電力に相当するわけです。

よって、電流と電力の関係は上述の式とそのものであり「1Wは何Aか」「1Aは何Wか」という換算式は、aW=bA×cVという計算できるのです。

W(ワット)とA(アンペア)の換算(変換)の計算問題【1Aは何W?1Wは何A?(10アンペアや20アンペアは何ワット?)】

それでは、1アンペアは何ワットか、1ワットは何アンペアかという単位変換に慣れるためにも計算問題を解いてみましょう。

・例題1

ある導線に対して電流10Aを流した際の、電位差(電圧)は2Vでした。この導線にかかる電力はいくらと計算できるでしょうか。

・解答1

W(ワット)とA(アンペア)の換算の定義に従って計算していきます。

10 × 2 = 20W と求めることができるのです。

逆に、WからAへの単位換算も行ってみましょう。

・例題2

ある導体に対して10Wをかけた際の電圧は5Vでした。電流値は何アンペアと求められるでしょうか。

・解答2

こちらも、W(ワット)とA(アンペア)の定義に従って計算していきます。

10 ÷ 5 = 2A(アンペア)という換算できました。

まとめ 1アンペア(A)は何ワット(W)?1ワットは何アンペア?AとWの換算(変換)方法【1Aは何W?1Wは何A?】

ここでは、1Aは何Wか、1Wは何Aかというワットとアンペアの変換方法について確認しました。

・aW=bA×cV

と変換できることを覚えておくといいです。

単位換算に慣れ、業務の効率化を図っていきましょう。

 

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました