千円強とはいくら?1000円弱とは何円?【3000円強や5000円弱や2000円弱はいくら】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私達が生活している中でちょっとした疑問が出てくる場面がよくありますよね。

例えば、お金の数え方として1000円弱や2000円弱、3000円強といった金額に~強や~弱とつく表現がありますが、この意味について正確に理解していますか。

ここでは、これらお金の数え方の1000円弱(千円弱)や1000円強(千円強)の意味について解説していきます。

スポンサーリンク

千円弱(1000円弱)はいくらか?千円強は何円?【お金と~強や~弱の意味】

それでは、お金を表す表現の千円弱や強はいくらかについて確認していきます。

千円弱とは、1000円にちょっと満たない程度の金額のことを指し、目安としては950~999円程度を指すといえます。

以下のようなイメージをしておくといいです。

このとき、1000円弱の意味を間違えて、1000円とちょっとと考える方も多いですが、これは定義として誤りですので注意しましょう。

なお、1000円強ではこの弱と反対の意味となり、1000円をちょっと超えた金額を指すと考えていいです。

以下のようなイメージです。

この時、1000円強のことを1000円を超え2000円に近い金額と勘違いする人もいますが、1001円~1050円程度の本当に少々超えたお金と捉えるといいです。

程度の問題もあるので、友人間のこれら千円弱や千円強という表現を取る際には、注意して使うのがおすすめです。

2000円弱や2000強はいくら(何円)?

なお、千円強や弱だけでなく、対象の数値が変わっても基本的に強や弱の意味は変わりません。

つまり、2000円強といえば、2000円とちょっとの金額であり、2000円弱といえば1950円あたりの2000円未満で2000円に近いお金となるのです。

3000円強や3000円弱は何円?5000円強や5000円弱はいくら?

よって

・3000円強であれば、3000円ちょっと

・3000円弱、3000円にちょっと足りない金額

・5000円強であれば、5000円ちょっと

・5000円弱、5000円にちょっと足りない金額(4950円程度)

などと考えるといいです。

このとき、先にも述べたように正確な金額が必要な場合はこれらの表現ではなく、数値で指定するといいでしょう。

まとめ 千円強とはいくら?1000円弱とは何円?

ここでは、お金の数え方として1000円弱や2000円弱、3000円強といった金額に~強や~弱と付いた金額はいくらなのかについて解説しました。

・~弱は~にちょっと満たないもの

・~強は~とちょっと

と覚えておくといいです。

さまざまな表現に慣れ、毎日の生活をより快適に過ごしていきましょう。

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました