~割弱や~割強の意味や使い方・読み方は?【1割強や5割弱など】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私達が生活している中でちょっとした疑問が出てくる場面がよくありますよね。

例えば、割合の表現として1割強や1割弱などの~割強・~割弱と表現することがありますが、これらの意味について正確に理解していますか。

ここでは、これら割合の表現に関する数え方の~割弱や~割強の意味や使い方・読み方について解説していきます。

スポンサーリンク

~割弱の意味や使い方・読み方は?【1割弱や5割弱など】

それでは、割合の表現である1割弱などの「~割弱」の意味や使い方・読み方について考えていきましょう。

この~割弱の読み方は「~わりじゃく」であり、ある数値の~割に少し満たない数のことを意味します。

例えば、100円の1割は10円ですが、100円の1割弱といえば10円に少し足りない額の8円や9円などを指すわけです。

なお、この~割弱という表現は何もお金にのみ使用するのではなく、人数や数値そのものなどさまざまな対象に使うことを理解しておくといいです。

~割弱のことを~割と少々のことと勘違いする方がたまにいますが、これは言葉の定義として誤りであるため、上の内容を覚えておきましょう。

~割強の意味や使い方・読み方は?【1割強など】

一方で、~割強の意味や使い方・読み方についても確認していきます。1割強などの~割強の読み方は「~わりきょう」となります。

こちらの~割強とは、ある対象の数値の~割よりもちょっと多い数のことを指すのです。

以下のようなイメージです。

具体的には、100人の1割は10人であり、1割強というと感覚的に11人~13人あたりを指すといえます。正確に~割強は何人増しと決まっていないことを覚えておきましょう。

このように~割弱や~割強という使い方をしますが、どちらも曖昧な表現であるため、正確な数値が必要な場合はこの表現を使わずに「きっちり何割」などと話しあうのがおすすめです。

まとめ ~割弱や~割強の意味や使い方・読み方は?【1割強など】

ここでは、1割強や1割弱を始めとした~割弱や~割強の意味や使い方・読み方について確認しました。

・~割弱は~割にちょっと満たないもので、読み方は「~わりじゃく」
・~割強は~割と少々で、読み方は「~わりきょう」

と覚えておくといいです。

さまざまな表現に慣れ、毎日の生活をより快適に過ごしていきましょう。

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました