スポンサーリンク

a4からa5への倍率の計算方法(縮小倍率)は?a5からa4へは何倍か?【どっちが大きいか】

暮らしの知恵

私たちが生活する中で、さまざまな数値計算が必要となることが多いです。

例えば、コピー用紙などの画用紙の規格として尺度の表記として「a5やa4」などといったものを見かけることがありますが、これらはどのようなことを意味しておりお互いどう変換(換算)できるのかについて理解していますか。

中でもここでは、このa4からa5への倍率の計算方法(縮小倍率)、a5はa4は何倍なのか(拡大倍率)?、a5とa4サイズの大きさはどっちが大きいのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

a4からa5への倍率の計算方法(縮小倍率)

それではまずコピー用紙などの規格として使用されるa4やa5の意味について確認していきます。

まず、a4の方がa5よりも大きい画用紙の規格であり、面積比が丁度2倍となっています。

以下のような状態です。

面積比が2倍ということは辺の長さの比はその平方根をとったものであるため、ルート2=約1.412…倍となります。

つまり、a4からa5へ縮小する際の倍率はこの逆数を取ればいいので、1 ÷ 1.412 =約0.708倍という倍率で換算することができます。

コピー機の縮小の倍率としましては、71%と指定することでa4からa5に綺麗に変換できることを覚えておくといいです。

なお、この縮小の倍率はa4からa5にする際だけでなく、b4からb5への換算であったりしても、同じ倍率変化で対応することができることを覚えておくといいです。

 

a4とa5はどっちが大きいか(サイズの比較)

なお上のようにa5とa4のサイズの大きさの倍率を覚えたはいいものの、どっちが大きいのかわからなくなることもあるので注意が必要です。

このような場合では、文字の後に続く数値が小さいほど、逆にサイズは大きくなるとことを覚えておくといいです。

忘れやすいことなのでこの機会に理解しておきましょう。

 

a5からa4への変換は何倍か(拡大倍率)

それでは、今度はa5からa4に拡大する際の倍率は何倍かについて確認していきます。

上述のように、そもそもの定義からa5からa4に変換するためには、一辺の長さをルート2倍=約1.41倍とすればいいです。

そのため、コピー機などの拡大倍率の設定としても、141%を選択すれば、綺麗にa5からa4への拡大ができることを理解しておきましょう。

同様にa5からa4への拡大だけでなくb4からb3への拡大やa4からa2への拡大など、規格の数値が1個ずれた場合の倍率変換の際には、この141%を使うことを覚えておくと何かと便利です。

 

まとめ a5からa4へは何倍か?a4からa5への倍率の計算方法(縮小倍率)は?

ここでは、「a5からa4へは何倍か?a4からa5への倍率の計算方法(縮小倍率)は?」「a4とa5のサイズはどっちが大きいか」について解説しました。

・a4からa5へは何倍か→約71%

・a5からa4へは何倍か→約141%

という倍率で変換でき、a4の方が大きいです。

a4やa5などの用紙の規格変換に慣れ、毎日に生活をより快適に過ごしていきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました