スポンサーリンク

a5のサイズは何センチ(何cm)で何ミリ(何mm)で何インチ(inch)?面積や縦横比は?a5とa5はどっちが大きいか縮小比・拡大比は?【10.1インチは対角線のこと?】

暮らしの知恵

私たちが生活している中でよくA5用紙などのサイズやその面積が知りたい時があるでしょう。

ただその厳密な数値は覚えていないことがほとんどですね。

ここでは特にa5に着目し「そのサイズが何センチか、何ミリか、何インチか?10.1インチとは何?」「a5の面積や縦横比はいくらか?」「a5の半分がa6か?」などの皆が気になる内容をまとめましたので参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

a5のサイズは何センチで何ミリ(何cmで何mm)?【a5用紙の大きさ】

それでは以下でコピー用紙などのサイズであるA5の大きさは何センチで何ミリかについて確認していきます。

 

A5のサイズは以下のように

・14.8cm×21.0cm

と決まっています。

ここで1cm=10mmを活用しますと、

・148×210mm

と変換することもできます。

 

A5サイズをインチで表すと何インチか?【10.1inchは対角線の長さ】

なおミリやセンチといったm基準ではなく、inch基準でA5の縦横の長さも知りたいときがあるでしょう。

1インチが約2.54センチであることを利用しますと

インチ基準でのA5サイズは

・5.83 inch × 8.27 inch

となります。

なおA5インチは10.1インチを指すと聞いたことがあるかもしれませんが、これは対角線の長さ約10.1インチが元となっているのです。

 

計算式は

・21.0 ÷ 2.54≒約8.27inch
・14.8 ÷ 2.54=≒約5.83inch

となります。

対角線の長さはこれらの2乗の和にルートを取ったものであり約10.1インチとなります。

 

特に私たち日本人では単位がインチでの値に慣れていないため、この機会に理解しておくといいです。

 

A5サイズの面積はいくらか?

さらにはA5サイズの面積についても確認していきます。

面積は単純に上のA5の縦と横の長さを掛け合わせることで計算でき、

・310.8 cm²(平方センチメートル)

となります。

計算式は上のA5は何センチかの情報を元に

・14.8  × 21.0 = 310.8cm2 となるわけです。

 

同様に平方ミリメートル表記で表せば、

・31080mm²

に相当します。

A5の面積は覚えるというよりも縦と横の長さを理解しておき、計算により求めるのがおすすめですね。

 

A5の縦横比(アスペクト比)はいくらか?

さらにはA5の縦横比(アスペクト比)がいくらなのか知りたい方もいるでしょう。

 

実はA5に限らずAサイズでは園と縦と横の比率は1 :ルート2≒1:約1.414 となっているのです。

A5のアスペクト比を近い整数比に変換しますと、5:7程度となります。

この縦横比は覚えやすいですし、暗記しておくと何かと便利なので、この機会に理解しておきましょう。

わからなくなった場合には、上のa5の大きさが何センチかを元に割り算を行えばよく

・21.0 ÷ 14.8 = 1.41・・・

とルート2程度と求められると覚えておくといいです。

 

A5の大きさ(サイズ)のたとえは?どのくらい?

 

 

A5とA6ではどっちが大きいか?半分の面積?

なおA5用紙に関する質問として、A5とA6ではどちらが大きく、どちらがどちらの半分に当たるのか疑問に持つこともあるでしょう。

A5とA6のサイズの大きさやその倍率については以下で解説していますので、参考にしてみてください。

 

他にも

・a4とa5の変換倍率の詳細はこちら

で解説していますので、参考にしてみてくださいね

 

 

まとめ a5の面積や縦横比(アスペクト比)は?

ここでは、A5サイズが何センチか、何ミリか、何インチか?面積や縦横比はいくらか?a5の半分がa5か(どっちが大きいか)について解説しました。

A5用紙を扱うことはよくありますので、この機会に理解しておくといいです。

A5の大きさを始めとした、ちょっとした日常の知識を学んでいくことによって毎日の生活に役立てていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました