スポンサーリンク

こざとへんに星の読み方は?こざとへんに車(陣)の読み方や意味は?こざとへんに景の読み方は?こざとへんに寿 (陦)の読み方や意味は?【漢字の音読み・訓読み】

暮らしの知恵

私たちが生活している中で字はわかるけれども読めない漢字と遭遇することがあるでしょう。

ただ、この漢字が覚えていないと何かと生活で困ることもあるため、理解しておくといいです。

中でもここではこざとへんに星の読み方は?こざとへんに車(陣)の読み方や意味は?こざとへんに景の読み方は?こざとへんに寿 (陦)の読み方や意味は?について訓読みと音読み別に解説していきます。

スポンサーリンク

こざとへんに星の読み方や意味は?【漢字の読み方】

それではまずこざとへんに星の読み方について確認していきたいところですが、残念ながら、こざとへんに星という漢字はUnicode(文字コードの業界規格)上に存在しておらず、現代の中国でもあまり使われていないようです。

こざとへんに星と記載する漢字の読み方は

・音読み:せい(確証なし)
・訓読み:「情報なし」

と読みます。

ちなみに、右側の「星」には様々な意味があり、「空に光る天体」が起源とされています。昔の人々は「星」を、時間や季節の変わり目の目安としておいたので、「歳月」という意味があったり、単に小さな点に見えることから「点」という意味もあったりします。

また、「星」は夜空に輝き目立つので、そこから「花形、スター」や「容疑者(ホシ)」という意味もあります。

ここから仮定のお話ですが、「こざとへん(⻖)」には、「丘」「ふくらんだところ」などの意味があります。高いところで見る「星」は、より一層輝いて見えることでしょうから、「こざとへんに星」は長い歳月を表したり、偉人称えるための漢字なのかもしれませんね。

 

こざとへんに車(陣)の読み方や意味は?

 続いてこざとへんに車(陣)の読み方や意味についても確認していきましょう。

こざとへんに車と記載する漢字の「陣」の読み方は

・音読み:じん
・訓読み:しきり

と読みます。

この「陣」の意味合いとしては、「軍を備える(陣営)」「いくさ(出陣)」などがあります。

主に戦いに用いられる漢字ですが、「ひとしきり」という意味もあり、ときより来る大きな波のような意味合いも持ちます。(一陣、陣痛など)

なおここから余談ですが、「本陣」という意味、元々は合戦の総大将がいる陣を指していたのですが、江戸時代に入り、この「本陣」は徳川家やその親戚、天皇の勅使など、身分の高い者たちの旅館を指す意味に変化しました。

スイートルームも、おおかたホテルの最上階付近にありますし、昨今のホテルも「本陣」の名残が残っているのかもしれませんね。

 

こざとへんに景の読み方や意味は?

こざとへんに景の読み方や意味については、こちらもUnicode上には存在しておらず、さらに現代中国でもあまり使われていないようで、情報がかなり乏しいのが現状です。

こざとへんに景と記載する漢字の読み方は

・音読み:けい(確証なし)
・訓読み:「情報なし」

と読みます。

ちなみに、右側の「景」には「ようす」「したう」「そえる」「めでたい」などの意味合いがあります。漢字の形としても、「日」が「京」を照らしているという、明るく、縁起がいいように思えます。

ここからは仮定のお話ですが、筆者は「こざとへん(⻖)」の意味と併せると、「高いところから様子を見る」というイメージが浮かんでき、ここから「国王」や「将軍」といった意味がある、と仮定しております。

 

 こざとへんに寿(陦)の読み方や意味は?

こざとへんに寿(陦)の読み方や意味についても確認していきましょう。

こざとへんに寿と記載する漢字の「陦」の読み方は

・音読み:とう

・訓読み:しま

と読みます。

意味は「四方が海や湖で囲まれた陸地」となります。

この意味を聞いて「あれ?これはあの漢字と同じじゃないか!」と思ったあなた、その通り!これは「島」と全く同じ意味合いを持つ漢字になります。

実際、「しま」と調べると数種類の「しま」を意味する漢字が出てきます。これだけの種類があれど、なぜ「島」という漢字に統一されたのでしょう。戦で国と一緒に淘汰されたのかもしれませんし、単に書きやすいからなのかもしれません。

この膨大な漢字の世界、皆さんも足を踏み入れてみてはいかがですか?

 

まとめ こざとへんに景やこざとへんに寿 (陦)の読み方や意味は?

ここでは、こざとへんに星の読み方は?こざとへんに車(陣)の読み方や意味は?こざとへんに景の読み方は?こざとへんに寿 (陦)の読み方や意味は?について解説しました。

どれも難しい漢字のためのこの機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字の意味や読み方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました