大ジョッキや中ジョッキの容量は何ml?何cc?小ジョッキは?【ビールの生中や生大は何ミリリットルか?読み方は?】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。

例えば、居酒屋などで身近な飲み物であるビールの大ジョッキや中ジョッキや小ジョッキの容量は1杯あたり何ml(ミリリットル)なのか知っていますか。

ここでは、これら生中や生大などの各ジョッキとmlやccとの関係や読み方について解説していきます。

スポンサーリンク

ビールの大ジョッキは何ml(何cc)?読み方は?【生大の容量は何ミリリットル?】

それではまずビールなどの大ジョッキの容量は何ミリリットル入っているのかについて確認していきます。

結論からいますと、居酒屋などで出てくるビールやジュースの大ジョッキ(生大)の容量はだいたい700〜800ml程度です。なお、mlとccは同じ大きさの単位でもあるため、700〜800ccとも言い換えることができます。

なお、リットル換算すれば、0.7L~0.8Lと換算することができます。

また大ジョッキの読み方としては「だいジョッキ」もしくは「おおジョッキ」であり、地域によってよく表現する言い方が変化します。そのため、好きな方、地域に合わせて呼び方を変えるといいです。

ビールの中ジョッキは何ml(何cc)?【生中の容量は何ミリリットル?】

続いては、お店でよくでてくる中ジョッキの容量についても考えていきます。

中ジョッキの容量はおおよそ400〜500ml程度といえます。お店の注ぎ方によってもその容積は変化します。ccで表したいケースでは、400〜500ccと表現できるわけです。

なお、この量では普通に家で使用するコップ一杯200mlと照らし合わせると、約2〜2杯半程度と求められます。

ビールの小ジョッキは何ml(何cc)?【生小の容量は何ミリリットル?】

最後に最も小さいサイズの小ジョッキの容量について考えていきましょう。

小ジョッキでは、その容積は大体200〜300ml程度となります。これはおおよそ家で使うコップ一杯〜一杯半程度の量に当たります。

まとめ 大ジョッキや中ジョッキは何ml?何cc?【何ミリリットル?】

ここでは、大ジョッキや中ジョッキや小ジョッキの容量は何ml?何cc?か、またその読み方は何かについて解説しました。

・大ジョッキ:700~800ml
・中ジョッキ:400~500ml
・小ジョッキ:200~300ml

となります。

しっかりと、ビールの各容量を理解して、身近な製品への理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごししょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました