ペットボトルのフタ(キャップ)は何ml(何cc)?紙コップ1杯は何ml(何cc)?お玉一杯の容量は?

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。

例えば、身近な製品であるペットボトルのフタ(蓋:キャップ)や紙コップやお玉1杯などの容量が何ml(何cc)なのか知っていますか。

ここでは、これらペットボトルの蓋や紙コップ1杯やお玉1杯が何ml(何cc)なのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

ペットボトルのキャップ(蓋:フタ)の体積は何ml(何cc)なのか?【容量は何ミリリットル?】

それではペットボトル本体の方ではなく、少なめの体積が測定できるペットボトルのキャップ(蓋:フタ)の方の容量に着目していきます。

以下のようなイメージです。

実は、こちらのペットボトルのキャップの容量は約5ml(ミリリットル)強といえます。なお、ccという単位もありますが、mlと数値は同じであるため、5cc強とも言い換えることができます。

つまり、小さじ一杯の量よりもほんの少し多い程度といえます。そのため、もし小さじがない場合にペットボトルのキャップしかないのであれば、これで5ml分計量するのもおすすめといえます。

紙コップ一杯の体積は何ml(何cc)?【容量は何ミリリットル?】

続いては、ちょっとしたアウトドアなどで使用する紙コップの容量は何mlなのかについて考えていきます。

結論から言いますと、普通サイズの紙コップであれば、ぎりぎり一杯入れた状態で約200ml(200cc)となります。つまり、普通に飲むレベルで入れるとなると、約150ml程度の容量となるとわかるのです。

私の感覚では、予想よりも以外とたくさん入るなと感じました。普通の家で飲むコップ1杯は約200mlであるため、それよりも少し少ない程度なのです。

お玉一杯の体積は何ml(何cc)?【おたまの容量は何ミリリットル?】

最後に、鍋などの季節に使用するお玉の体積は何ミリリットルなのかについて考えていきます。

お玉一杯の体積は約50cml(50cc)程度といえます。もちろん、すりきりよりも少なければ、この量よりも減ると理解しておきましょう。

まとめ ペットボトルのフタ(キャップ)は何ml(何cc)?紙コップ1杯は何ml(何cc)?お玉一杯の容量は何ミリリットル?

ここでは、ペットボトルのフタ(キャップ)は何ml(何cc)?紙コップ1杯は何ml(何cc)?お玉一杯の容量は何ミリリットルなのかについて解説しました。

・ペットボトルのキャップ:5ml強
・紙コップ1杯:150~200ml
・お玉1杯:50ml

となります。

しっかりと、身近な製品の容量を理解して、身近な製品への理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごししょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました