コップ一杯は何ml(何cc)?何グラム?お茶一杯はコーヒー一杯は何cc【ガラスコップの容量(体積)は何ミリリットル?】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。

例えば、私たちが普段よく飲んでいるガラスのコップ一杯は何ml(何cc)なのか理解して飲んでいますか。

ここでは、生活でよく使用する容器であるコップ(ガラスコップ)は何ミリリットルなのか?また関連するのコーヒーカップ、お茶の容器の容量は何ミすリなのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

普通のコップ一杯は何ml(何cc)?何グラム?【ガラスコップの容量】

それでは、使用する頻度が高いガラスコップ一杯の体積について考えていきます。

結論からいいますと、コップ一杯は8分目くらいまで注いで約200ml(200cc)程度です。

なお、基本的に水やジュースなどを注ぐことが多いですが、これらの密度は約1g/mlであるために、そのコップ一杯の重さは約200g程度となります。

よって、コップ半分の水量といえば、約100ml、100g程度といえます。

2lはコップでは何杯に相当する?

よって、コップによって大きい体積を作りたいケースでは、複数回注がないといけません。

具体的に、2lの体積をコップで入れると何杯必要か?と聞かれた際には、2l=2000mlであるため、2000÷200=10杯分入れる必要があると計算できるのです。

コーヒー一杯は何ml(何cc)?何グラム?【容量は何ミリリットル?】

続いてよく飲むほかの飲み物の、コーヒー一杯の体積についても考えていきます。

結論からいいますと、ホットコーヒーなどコーヒー一杯(ティーカップ)の容量は約120-150ml(120-150cc)程度です。

これは、先にも述べたコップ一杯200ミリリットルよりも気持ち少ないことからも予想できるでしょう。

コーヒーに含まれるカフェインの量などが気になるかたは、このコーヒー一杯120-150ml程度であることを頭に入れておくといいです。

もちろん容器にもよりますので、参考値として活用しましょう。

お茶一杯は何ml(何cc)?何グラム?【容量は何ミリリットル?】

さらには、お茶一杯の体積は何ミリなのかについても考えていきます。

結論からいいますと、お茶一杯もコーヒー一杯と同程度であり、約120~150mlと考えていいです。

なお、グラム数で考えても、お茶の密度はほぼ水と同じであるために1g/mlといえるため、お茶一杯の重さは約120-150gと求めることができるわけです。

カテキンなどの含有量を知る目安にするといいです。

まとめ 一杯は何ml(何cc)?何グラム?お茶一杯はコーヒー一杯は何cc【ガラスコップの容量(体積)は何ミリリットル?】

ここでは、コップ一杯の容量は何ミリリットルなのか。何グラムなのかについて解説しました。

・ガラスコップ一杯は約200mlで約200g

・コーヒー一杯の体積は約120~150mlで、重さは約120~150g

・お茶一杯の容量は約120~150mlで、重量も120~150g

と計算することができます。

ガラスコップなどの身近な製品への理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごししょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました