ppm(百万分の1)とパーセント(百分率)の変換(換算)方法と違いは?【不良率などの単位の計算】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

科学的な解析を行う際によく単位変換が求められることがあります。

例えば、不良率などの比率の単位としてパーセント(百分率)やピーピーエム(ppm:百万分の1)などがありますが、これらの違いや変換方法について理解していますか。

ここでは、このパーセント(百分率)やppm(百万分の1)の変換(換算)方法について解説していきます。

スポンサーリンク

パーセント(百分率)やppm(百万分の1)の変換(換算)方法と違い【不良率の単位のppcやppm】

それでは、不良率などを始めとして多くの分野で使用されている比の単位であるパーセント(百分率)やppm(百万分の1)の違いや変換(換算)方法を確認していきます。

パーセントとはご存知のように百分率とも呼び、1パーセント=0.01を意味します。別名parts per miliion=100分の1の略でppcとも呼ぶこともあります。

一方でppmとは、parts per miliion=0.000001(百分分の1)を意味しています。

これらの計算式を比較しますと1パーセント=10000ppmという変換式が成り立つのです。

逆にppm(ピーピーエム)基準で考えれば、1ppm=0.0001パーセントと求めることができます。

単位の変化が大きいので、間違わないよう気を付けるといいです。

パーセント(百分率)とppm(百万分の1)の変換(換算)の計算方法【不良率などの単位】

それではパーセントとppmの換算に慣れていくためにも計算問題を解いてみましょう。

・例題1

3%(パーセント)は何ppmと計算できるでしょうか。

・解答1

上の変換式を参考にしていきます。

3 × 10000 = 30000ppmと計算することができました。

逆にppmからパーセントへの変換も行ってみましょう。

・例題2

50000ppmは何パーセントと換算できるでしょうか

・解答2

50000 ÷ 10000 =5パーセントと変換できました。

ppm(ピーピーエム)はパーセント(%)ほど使用する頻度が高くなく忘れてしまいがちですので、この機会に理解を深めておきましょう。

まとめ ppm(百万分の1)とパーセント(百分率)の変換(換算)方法と違いは?【不良率などの単位の計算】

ここでは、ppm(百万分の1)とパーセント(百分率)の変換(換算)方法と違いは?の変換(換算)方法や違いについて解説しました。

・1パーセント=10000ppm

・1ppm=0.0001パーセンント

と計算することができます。

各種単位の扱いになれ、効率よく科学計算を行っていきましょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました