なすが嫌い(苦手)な理由と克服するための食べ方【嫌いでも食べれる:麻婆ナスなど】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、さまざまな苦手があることでしょう。

ただ、嫌いなことが少ない方がより快適に過ごせるようになるため、苦手は克服していった方がいいです。

中でも「なす」を食べることが苦手な人は意外と多く、ここではなすが苦手な理由とこれを克服できた人がなすが嫌いの克服に至った具体的な方法について、生の声を元に解説していきます。

スポンサーリンク

なすが苦手(嫌い)な理由は?【食べれないという生の声を紹介】

それでは、なすが嫌われる(まずい)と感じられてしまう理由の生の声を以下で確認していきます。

・なすがまずいと感じた理由としては、子供の頃から食べた時にぬるっとした食感やタネの食感が気持ち悪いのが原因でした。薄くスライスして焼くと少しマシになるのですがそれでも食べたくなかったです。なすが入っている料理はなすを避けて食べていました。(女性、20歳頃)

・ぐにゃっとした食感と噛むと出てくる少し苦味のある汁が嫌いで小さい頃は全く食べられなかったです。色も紫で少し食欲がなくなるような感じがしてまずそうだと思ってました。(女性、6歳歳)

・なすをまずいと感じていたのは、とにかく、ナスの食感のふにゃふにゃした感じがとても苦手でした。何であんなにもふにゃふにゃしているのかって思ったぐらいに、本当に嫌で仕方がなかったです。(女性、20歳歳)

・なすの歯応えが嫌いでした。キュッキュッと、まるでゴムを噛んでいるような気がして、どうしても食べられなかったです。ナスの内側の種もあまり好きではありませんでした。(女性、20歳頃歳)

なすの食感・歯ごたえが苦手な方も多いのですね!

・なすが苦手な理由としては、濃い紫色がつやつやしていて不気味な感じていたことです。またちょっとでも加熱するとクネクネになって食感が悪く、油に入れるとすぐに油をたっぷり吸収してしまうのが嫌いです。(女性、20歳ごろ)

・なすが嫌いと感じていたのは、私はナスの色から歯ごたえから味と全てが嫌いでした、なので幼少期の頃から食卓にナス料理が出ても一切手をつけませんでした、ちなみにマーボーナスとかナスの漬物とかもダメで本当に苦手でした。(男性、19歳)

・アクを抜いていても、独特のエグさが残っているようで、口が渋くなるような感じがして嫌いでした。また、噛んだ時のむにゅっグニャッとしたなんとも言えない食感が嫌いでした。(女性、高校生ぐらいの時)

確かに私も生に近い状態の調理法では、なすのえぐみを感じるときがあるかも。

・水っぽさと、独特の風味が若い頃は苦手でした。学校給食の献立に出た時は、すこしがっかりしましたね。ヌチャッとした食感も嫌で、早く飲み込んでしまおうと思っていました。(男性、16歳(高校生)を越えた頃、自然とイヤな部分が気にならなくなっていました。)

・昔鈴虫やこうろぎを飼っていて餌にナスを与えていたために、ナス=虫のイメージがつきすぎて生のナスの匂いが嫌になった。白い部分の切り口が時間が経つと茶色く変色するのが、虫が食べた後に見え気持ち悪く感じる。(女性、20歳くらい)

・なすが苦手な理由としては口に入れたときのえぐみや、皮の食感です。どうしても受け付けられませんでした。特に、煮物になった時は食べるのが難しかったです。ただし、人前では何とか食べるようにはしていました。(男性、20歳ごろ)

 

なすが苦手(嫌い)なのを克服した方法【嫌いでも食べれるレシピは?】

このように、なすをまずいと感じてしまっていたのには、複数の原因がありますが、どのように個克服されたのでしょうか。以下で実際の声を確認していきます。

・自分で調理をするようになったことがきっかけです。自分で好きに調理できるので食べられる方法はないかと色々試した所、自分が好きなトマトと一緒に調理すると食べられることに気が付きました。(女性、20歳頃)

・ナスの食感、風味があまりわからないようにすれば食べられると思ったので、味噌汁の中に入れて汁と共に食べたらあんまりナスを感じなくなって徐々に食べられるようになりました。(女性、6歳)

・ナスのふにゃふにゃ感が嫌いだった私に、母がナスを薄くスライスして油で揚げて、ナスのチップスを作ってくれました。その事がキッカケでナス嫌いを克服する事が出来ました。(女性、20歳歳)

・自分で調理をするようになり、皮を剥いてから調理をするようにしたら、食べられるようになりました。内側の種は、麻婆ナスのタレなどの濃い目のタレとあえることで、気にならなくなりました。(女性、20歳頃歳)

確かに麻婆ナスなどの濃い味付けでなす嫌いを克服するのが定番かもですね。

 

・なすが柔らかくなってしまうのが苦手なのでサクッと千切りカットをして醤油に漬けて食べ、なすの天ぷらはキッチンペーパーでしっかりと油を吸い込ましてから食べるようしてなすが苦手なのを克服した。(女性、20歳ごろ)

・私がナス嫌いを克服したのは案外呆気ない事でした、年齢を重ねるごとに自然と平気になったのかも知れませんがナスの天ぷらを食べたら普通に美味しく食べれ自然と克服出来ました。(男性、19歳)

・お味噌汁に入れるだけではなく、ミンチ肉と炒めて片栗粉でとろみがついているおかずや、天ぷらで食べるとつゆが染み込んでエグさがなくカリッとした衣ととても合っているなあと思ってから嫌いではなくなりました!(女性、高校生ぐらいの時)

・茄子の天ぷら、マーボー茄子、茄子のみそ炒めなど、美味しい料理と出会ったことが大きかったです。好きな料理に使われている食材は、不思議と好きになっていました。(男性、16歳(高校生)を越えた頃)

なすのてんぷらにするなどもなす嫌い克服に効果的なようですね!

・生感があるとナスの匂いが強いので、麻婆茄子やトマトソースと混ぜたりなど味の濃い料理にアレンジするようにした。表面が茶色くなるのも、最初にサッと油で揚げてコーティングするようにした。(女性、20歳くらい歳)

・中華料理屋さんで出てきた、油通しされたナスを食べた時は食べられたので、もし食べるときがあれば、できるだけ油通しをしてできる料理にしようと思っています。(男性、20歳ごろ歳)

まとめ なすがまずい(嫌い)理由と苦手の克服の方法【嫌いでも食べれる(ハンバーグやケチャップなどと混ぜる)】

ここでは、なすが食べられなかった人が嫌いだった理由とその改善方法について解説しました。

やはり、麻婆ナスとして混ぜたり、てんぷらにするのが克服のきっかけとなりやすそうですね。

これらのなす嫌いを克服にされた方の意見を参考にし、苦手を克服することで毎日の生活をより豊かに過ごしていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました