3カップは何ccで何ml(何ミリリットル)?2カップは何ccで何ml?1と2カップは何㏄で何ml(何ミリ)【水3カップや1と2カップなど】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私達が生活している中でよく体積に関する計算が必要となることがあります。

例えば計量カップ3、3分の2、4分の1などを見かけることがありますが、これらの体積が何ccで何ml(ミリリットル)なのか理解していますか。

ここでは「3カップは何ccで何ml(ミリリットル)なのか?」「3分の2カップは何ccで何ml(ミリリットル)なのか?」「4分の3カップは何ccで何ml(ミリリットル)なのか?」について解説していきます。

スポンサーリンク

3カップは何ccで何ml(ミリリットル)なのか?【水3カップなどとミリリットルやcc】

結論からいいますと、3カップは600ccで600ml(ミリリットル)です。この詳細について以下で解説していきます。

計量カップ1杯は200ccと定められており、1cc=1mlのため1カップは200ml(ミリリットル)ともいえます。

そのためこの3の体積に相当する3カップであればその3倍とすればよく、200×3=約600cc=600ml(ミリリットル)と計算できるのです。

2カップは何ccで何ml(ミリリットル)なのか?

さらには計量カップの表記として良くみかける2カップの体積が何ccで何ml(ミリリットル)なのかについても確認していきます

こちらも上の計量カップ1杯=200ccを基準に考えるとよく、2カップ=200×2= 400cc=400mlと求めることができました。

なお、このccやmlは体積の単位であるため水でも小麦粉でもどのようなものであっても同じとなります。グラム(g)数のみが違ってくることを理解しておきましょう。

1と2分の1カップは何ccで何ml(ミリリットル)なのか?【1と1/2カップ】

さらには、少々中途半端な数量である1と1/2カップの体積が何ccで何ミリリットル(何ml)かについても確認していきます。

結局のところ、上と同じように計算すればよく計量カップ1=200mlの関係を用いますと、200× 1.5 = 300ml=300ccが1と2分の1カップの容量に相当します。

計算間違いをしないように注意しましょう。

まとめ 3カップは何ccで何ml(何ミリリットル)?2カップは何ccで何ml?1と2カップは何㏄で何ml(何ミリ)【水3カップや1と2カップなど】

ここでは、3カップは何ccで何ml(何ミリリットル)?2カップは何ccで何ml?1と2カップは何㏄で何ml(何ミリ)【水3カップや1と2カップなど】について解説しました。

計量カップ1=200cc=200mlであることを活用して、

・3カップ=600cc=600ml

・2カップ=400cc=400ml

・1と2分の1カップ=300cc=300ml

と理解しておくといいです。各種計量カップと体積の関係を理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました