ピーマンが嫌い(苦手)な理由と克服するための食べ方【嫌いでも食べれる】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、さまざまな苦手があることでしょう。

ただ、嫌いなことが少ない方がより快適に過ごせるようになるため、苦手は克服していった方がいいです。

中でも「ピーマン」を飲むことが苦手な人は意外と多く、ここではピーマンが苦手な理由とこれを克服できた人がピーマンが嫌いの改善に至った具体的な方法について、生の声を元に解説していきます。

スポンサーリンク

ピーマンが苦手(嫌い)な理由は?【食べれないという生の声を紹介】

それでは、ピーマンが嫌われる(まずい)と感じられてしまう理由について以下で確認していきます。

・ピーマンの苦い所がとても苦手でした。ピーマンの独特の苦味と、味が特に小さい時は苦手でした。ピーマンの味の美味しさがよく分かりませんでした。ピーマンの青臭い所とかとても苦手でした。(女性、8歳ごろ)

・色も見た目も嫌い。食べると食感も気持ち悪いし、少し青臭くて味が苦いところが嫌い。小さく切って料理に入れても、他の食材に味がうつることがあるのも嫌いだった。(女性、25歳)

・ピーマン独特の苦さと青臭さが苦手でした。生の状態も加熱した状態も青臭い感じがあり、少量でもその料理全体に影響を及ばす独特の存在感が嫌いで、子供の頃は食べられませんでした。(男性、16歳)

・子供の頃からピーマンが大の苦手でした。食べず嫌いではなく、苦味や食感、鼻に抜けるツーンとした匂いがどうも苦手で、料理にはいってるものは全て避けていました。(女性、18歳)

ピーマンの臭いが苦手(嫌い)というのが理由の方が意外と多いですね。以下のようなイメージでしょうか。

 

・ピーマンがまずいと感じる理由は苦いところです。また、煮るとやわらかくなることにより、その食感も気持ちが悪く感じました。また、やわらかいことにより、更に苦さというものを感じた気がします。(女性、何歳か厳密に覚えていませんが、小学校低学年頃だったかも知れません。)

 

・物心ついたときからピーマン嫌いだった記憶があります。理由としてはたぶんにおいがダメなんだと思います。祖母が作るカレーがピーマン入りだったのですが、それでますますピーマン嫌いに拍車がかかってしまいました。(女性、20歳を過ぎて)

・ピーマンが苦手な理由は野菜なのに、あまりにも味が苦すぎて薬のような感覚が苦手だったから。独特な青臭さもあり、旨味もなく、ピーマンの美味しさが子供の舌では理解できなかったから。(女性、8歳歳)

・小さい頃からピーマンの独特の苦味と青臭さが苦手で、受け付けられずにいました。炒め物や煮物にしても、他の食材よりもピーマンの味が強く出てしまうので無理でした。(女性、18歳)

・ピーマンがまずいと感じるのは噛めば噛むほどにがくて、少量でも激しく主張してくる青臭い独特の香りが主に嫌いでした。また、でこぼこのシルエットも、てかてかとした濃い緑色も虫みたいで苦手でした。(女性、8歳頃歳)

確かに虫のイメージをしてしまうと食べられなくなるかも・・想像しないようにしましょう。

 

・噛んだときの苦さが1番きらいでした。また、ピーマン独特の臭みも嫌いでした。なかでも特にイヤだったのは噛んだときのキュッキュッと言う音で、これはなかなかの強敵でした。(女性、28歳頃)

・ピーマンが嫌いな原因は匂いと苦味。ピーマンの肉詰めで克服できるか何度か挑戦しましたが、小さい頃食べた苦味が忘れられず食べれない。あとはどう調理していいかわからない所。ピーマンがなくても支障はない。(女性、30歳)

ピーマンが苦手(嫌い)なでも食べれる方法【克服した食べ方(レシピ)は?】

・ピーマンの肉詰めを作ってもらいました。ハンバーグ感覚で、ケチャップをかけて食べました。食べてからピーマンがとても美味しいと思いました。ピーマン嫌いを克服できました。(女性、8歳ごろ)

・友達の家に遊びに行った時に、お酒のつまみで出してくれた料理にピーマンが入っていました。ピーマンは細く切って茹でてあり!ごま油とごまで味付けされていたため、独特の匂いや味がなく克服出来ました。(女性、25歳)。

油のような強い味のものと一緒に食べるとピーマンが嫌いでも食べれるイメージが湧きますね(^_^)

 

 

・ピーマン嫌いの克服方法としては、油がわりにマヨネーズを使って炒めたピーマンを食べた所、独特の青臭い感じが薄まっており食べる事ができました。それを数回食べているうちに青臭さに慣れて食べれるようになりました。(男性、16歳)

・1人暮らしをはじめて、5個で80円などで売っているピーマンのコスパの良さに気付き、その時ピーマンとセットでお買い得だった青椒肉絲の素を一緒に購入し、食べたら美味しくてはまってしまいました。(女性、18歳)

・ピーマンが嫌いでも食べれるようになったきっかけとして、社会人になって高級な割烹料理店で天ぷらを食べる機会があったのですが、そのときのピーマンがあまりにも美味しく、それ以降ピーマンは天ぷらだと美味しく感じるようになりました。(女性、20歳を過ぎて)

・ピーマンをかために油で炒めた物をに、ケチャップで味付けしたらおいしかったです。酸っぱさと甘さが混同し、苦さもかために焼くことでさわやかな苦さでおいしいと思いました。(女性、何歳か厳密に覚えていませんが、小学校低学年頃だったかも知れません)

ケチャップは意外に合いそうですね!私も今度ためしてみます!

・初めての野外バーベキューで、すこしお焦げのついたピーマンに醤油をたらして食べたとき。焼き醤油の香ばしさとお焦げが、ピーマン本来の苦味を隠してくれて美味しかったから。(女性、8歳)

・苦味のないパプリカは食べられたので、豚肉と一緒にパプリカとピーマンを炒めると美味しく食べられました。細かく刻んでミートソースに入れると、ソースの濃い味に紛れて食べやすいです。(女性、18歳)

・ピーマンがまずいと感じるのを克服できたのは、子供が産まれたのがきっかけで離乳食を作ったり子供が大人と同じものを食べるようになった頃から同じく小さく刻んで料理に混ぜて食べるようにしたことです。これがきっかけで、好きではないが食べれるように(嫌いでも食べれる)なった。(女性、30歳)

・ピーマンがまずいと感じていたものを克服できた食べ方は、みじん切りにしたピーマンと鶏ひき肉を合わせて味を整えたあと、ワンタンの皮に包んで長めに油で揚げたものを食べたことです。我が家では本来人参を入れたものをパリパリ揚げと呼んでおります。(女性、8歳頃)

・ピーマン嫌いを克服できたのは、ピーマンの肉詰めを作ったことです。肉の量をたっぷりと、味はケチャップ煮込みでごまかせるくらい濃い味付けから始め、だんだんと薄味にしていって慣れていきました。(女性、28歳頃歳)

まとめ ピーマンがまずい(嫌い)理由と苦手の克服の方法【嫌いでも食べれる(ハンバーグやケチャップなどと混ぜる)】

ここでは、ピーマンが食べられなかった人が嫌いだった理由とその改善方法について解説しました。

やはり、ハンバーグに混ぜたり、ケチャップやごま油などの濃い味のものと混ぜるのが良さそうですね。

これらのピーマン嫌いを克服にされた方の意見を参考にし、苦手を克服することで毎日の生活をより豊かに過ごしていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました