スポンサーリンク

チョコレートの漢字表記は猪口齢糖・貯古齢糖・千代古令糖か?蝶子冷凍や直例当とは書くのか?和名・読み方や由来・語源を解説!英語では?【難読漢字】

暮らしの知恵

日常生活を送る中で、よく聞く言葉なのに漢字表記がわからないものに遭遇することは多々あります。

例えば、代表的なお菓子の一つである「チョコレート」の漢字表記やその漢字の由来・語源などはご存知でしょうか?

ここでは、このチョコレートに着目して「チョコレートの漢字表記は猪口齢糖・貯古齢糖・千代古令糖か?蝶子冷凍や直例当とは書くのか?和名・読み方や由来・語源を解説!英語では?」について解説していきます。

 

スポンサーリンク

チョコレートの漢字表記は猪口齢糖・貯古齢糖・千代古令糖か?蝶子冷凍や直例当とは書くのか?和名・読み方や由来・語源を解説!

それでは以下で難読漢字である「チョコレート」の漢字について確認していきます。

結論からいいますと、チョコレートの漢字表記は猪口齢糖・貯古齢糖・千代古令糖」の3種類です。

「蝶子冷凍・直例当」とは書きません。

チョコレートの漢字として猪口齢糖と書く

チョコレートの漢字表記として「猪口齢糖」と名付けられている由来・語源について深堀していきましょう。

チョコレートは明治時代に日本へと入ってきました。「猪口齢糖」という漢字は、元々当時の新聞広告に掲載された際に使用された漢字表記です。

「猪口」や「齢」など、一見チョコレートとは全く関係ない漢字が使用されていることが疑問に感じますが、それはこの漢字表記が当て字だからです。

当時の日本人にとって聞き馴染みのない「チョコレート」という言葉を表現するのに、あえて「猪口」など、なじみ深い言葉をもってきたのでしょうね。興味深いです。

チョコレートの漢字として貯古齢糖と書く

続いてチョコレートの漢字表記として「貯古齢糖」と名付けられている由来・語源について深堀していきましょう。

チョコレートの表記として「貯古齢糖」という漢字も使われます。こちらの漢字表記も、当時の新聞広告等で使用された当て字です。「チョコレート」の音の響きにあう漢字を使用したのでしょうが、さっきの猪口齢糖よりさらに不思議な表記に感じてしまいますね。

 

 

チョコレートの漢字として千代古令糖と書く

続いてチョコレートの漢字表記として「千代古令糖(チヨコレイト)」と名付けられている由来・語源について深堀していきましょう。

こちらの表現も上記二つと同様、当時の当て字で使用されたようです。

 

チョコレートの漢字として蝶子冷凍とは書かない

チョコレートの表記として蝶子冷凍という漢字が思いつくかもしれませんが、この漢字は使われていません。

チョコレートの漢字として直例当とは書かない

上記の例と同じく、チョコレートの表記として直例当という漢字も思いつくかもしれませんが、こちらも実際に使われている漢字ではありません。

ココアの漢字表記は「加加阿」 カカオも「加加阿」?

チョコレートの仲間の食材として「ココア」がありますね。こちらの漢字も併せて確認していきましょう。

ココアの日本における漢字表記は「加加阿」となります。この漢字をみて、ココアというよりカカオっぽくない?と感じる方もいるのでは?

実はこの漢字表記は「ココア」とも「カカオ」とも読めるのです。

このようにココアやカカオなどをはじめ、関連する食材の漢字も一緒に由来・語源を知っておくと面白いし覚えやすくておすすめです。

なお、ココア・カカオの漢字・英語表記は以下の記事で詳しく解説していますので、併せて確認してみてください。

 

 

チョコレートの英語表記は?

続いて、チョコレートの英語表記についても確認していきます。

チョコレートは英語でChocolate(読み方:チョコレート)といいます。

日本語の「チョコレート」はこの「Chocolate」が元となった言葉だということも、一緒に覚えておくと良いでしょう。

まとめ 猪口齢糖・貯古齢糖・千代古令糖の読み方や意味はチョコレートか?蝶子冷凍や直例当とは書くのか?語源や英語での表記は?

ここでは、チョコレートの漢字表記は猪口齢糖・貯古齢糖・千代古令糖か?蝶子冷凍や直例当と書くのか?和名・読み方や由来・語源を解説!英語では?ついて解説しました。

食材の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

チョコレートを始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活をより楽しんでいきましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました