3倍希釈(3倍に薄める)や2倍希釈(2倍に薄める)の計算方法【5倍希釈や10倍希釈とは?】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

私達が生活している中でよく希釈の計算行う場面がよく出てきます。

例えば、洗剤、カルピス、めんつゆ、科学実験における希釈などがありますが、これらの意味や計算方法について理解していますか。

ここでは、代表的な希釈である3倍希釈(3倍に薄める)や5倍希釈(5倍に薄める)の意味や計算方法について解説していきます。

スポンサーリンク

3倍希釈(3倍に薄める)や5倍希釈(5倍に薄める)や10倍希釈(10倍に薄める)の計算方法は?

それでは、まず3倍希釈の意味について考えていきましょう。

めんつゆやカルピスや実験などのにおいて3倍希釈、3倍に薄めるなどの言葉を見かけますが、この意味は元の原液の量に水などを加え、合計値を元の量の3倍にすることを意味しています。

以下のようなイメージです。

このとき3倍希釈のことを、元の量の3倍量の水を足して合計値が元の4倍になることと勘違いしないように注意しましょう。

他にも2倍希釈(2倍に薄める)ことは、元の量と同じ量の水を足して、2倍にすることを表しています。

5倍希釈(5倍に薄める)であれば、元の量の4倍の水を加え、合計5倍にすることを示すわけです。

10倍希釈(10倍に薄める)であれば、元の量の9倍の水を加え、合計10倍にする計算となります。

5倍希釈や3倍希釈や10倍希釈や20倍希釈の計算を行ってみよう【5倍に薄める】

それでは、この~倍希釈の計算方法に慣れるためにも、実際に数値計算していきましょう。

・例題1

ある洗剤10mlを5倍希釈して使用したい。この場合の加える水の量はいくらと求められるでしょうか。

・解答1

5倍に薄めた時の合計量は10×5=50mlと計算できます。

そのため、加える水の量は50ー10=40mlとなります。

続いて20倍希釈に関する練習問題も解いてみましょう。

・例題2

ある実験にて元の溶液を20倍希釈して400mlとしたい。この場合の元の原液の量はいくらにすべきでしょうか。

・解答1

20倍に薄めた時の合計量が400mlであるため、元の量は400÷20=20mlと計算することができました。

加える量と合計量の関係を丁寧に考えていきましょう。

まとめ 10倍希釈(10倍に薄める)や20倍希釈の計算方法は?3倍希釈や5倍希釈は?

ここでは、10倍希釈(10倍に薄める)や20倍希釈の計算方法は?3倍希釈や5倍希釈はについて解説しました。

・3倍希釈(3倍に薄める):元の原液の量に水などを加え、合計値を元の量の3倍にすること
・5倍希釈(5倍に薄める):元の原液の量に水などを加え、合計値を元の量の5倍にすること
・10倍希釈(10倍に薄める):元の原液の量に水などを加え、合計値を元の量の10倍にすること
・20倍希釈(20倍に薄める):元の原液の量に水などを加え、合計値を元の量の20倍にすること

と理解しておくといいです。

さまざまな計算に慣れ、より効率よく毎日を過ごしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました