スポンサーリンク

40分は何時間?50分は何時間か?105分は何時間か?135分は何時間か?といった時間に関する計算問題を解説【変換の式】

科学

私たちが何気なく生活している中で、時間に関係する計算が求められることがよくあります。

ただ、時間に関する計算は普段から使い慣れていないと対処することがなかなか難しいです。

そのため時間の扱いに慣れておくことが大切であり、ここでは時間に関する計算方法として「40分は何時間?」「50分は何時間か?」「105分は何時間か?」「135分は何時間か」という計算問題を交えて解説していきます。

 

スポンサーリンク

40分は何時間?【分数や小数での表記や計算式】

まずは40分は何時間かについて確認していきます。1分=60分であることから「40分が何時間か」を求めるには60で割ればいいことがわかります。

よって40分=40÷60=約0.667時間(割り切れない)となります。

分数のままの計算式としては、2/3時間という式が成り立つことがわかるでしょう。

なお、60をかければいいのか、割ればいいのかで迷うこともあると思いますが、時間の前につく数字よりも分の前につく数字の方が大きくなることを覚えておくといいです。

 

50分は何時間?【分数や小数での表記や計算式】

続いて、40分よりも少々長い時間の50分を時間に換算する方法についても考えていきましょう。

50分が何時間かと計算に対しても同様に処理すればよく60で割るといいです。

よって、50分は何時間という問題の式は、50 ÷ 60=約0.83時間(割り切れない)と求めることができるのです。

なお分数表記であれば5/6時間となると理解しておきましょう。

 

105分は何時間かを分数で表すと?

さらには、105分が何時間かという問題にもチャレンジしていきます。

上と同様に単純に60で割るといいです。

よって105÷60 = 1.75時間が答えとなります。

分数表記そのままにしたい場合は、7/4時間と変換できますね。

 

135分を小数点で表すと?分数では?【何時間】

さらに135分が何時間となるのかも考えていきましょう。

こちらも60で割っていけばいいので、135 ÷ 60 = 2,25時間となります。

分数表記では、9/4時間が正解です。

60分を超えてくると計算がややこしくなるため、注意するといいです。

 

まとめ 50分は何時間か?105分は何時間か?135分は何時間か?

ここでは「40分は何時間?」「50分は何時間か?」「105分は何時間か?」」「135分は何時間か」について解説しました。

計算方法はどれも同じですので、この機会に理解しておくといいです

時間を始めとした計算になれ、毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました