1時間歩くと何歩?距離は何キロ(何㎞)?1時間半や2時間ではどのくらい?

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、距離、歩数、時価の関係性が知りたいケースが多くあります。

例えば、1時間歩いた場合、何歩くらいになりその距離が何キロ(何㎞)なのかについて気になることもあるでしょう。

ここでは、「1時間歩くと何歩なのか?」「1時間の徒歩では距離は何キロ(何㎞)なのか?」やその時間が「歩いて1時間半や2時間ではどのくらいの距離か」について解説していきます。

スポンサーリンク

1時間歩くと何歩?距離は何キロ(何㎞)?【徒歩】

まず、徒歩で1時間歩いた場合の距離が何キロなのかについて確認していきます。

成人の歩く平均速度は時速約4㎞程度であるため、1時間歩いた場合ではそのままの数値の4キロ程度になります。

続いて、1時間歩くと何歩相当になるかについて考えましょう。

このとき、平均的な大人の歩幅として1歩あたり70cm程度であることを利用していきます。すると、4kmをこの歩幅70cmで割ることによって、歩数が計算できます。

具体的には、4km=4000cm=400000cmのため、400000÷70=5714歩程度の歩数となることがわかるのです。

もちろん、人によって歩幅や歩く速度などもよっても変化するため、参考値として活用するといいです。

 

1時間半(90分)歩くと何歩?距離は何キロ(何㎞)?【徒歩】

今度は、徒歩で1時間半(90分)歩いた場合の距離が何キロなのかについて確認していきます。

先ほどと同様の平均速度4kmを活用しますと、4×1.5=6km(キロ)が1時間半(90分)徒歩で移動した際の距離と求められます。

 

さらに、6kmを平均的な大人の歩幅である70cmで割っていきますと、600000÷70=8571歩が1時間歩いた場合の歩数と見積もることができます。

 

2時間歩くと何歩?距離は何キロ(何㎞)?【徒歩】

今度は、徒歩で2時間歩いた場合の距離が何キロなのかについて確認していきます。

2時間と時間が変化しても上と童謡の計算をしていけばいいです。

よって、4×2=8kmが2時間(120分)徒歩で移動した際の距離と求められます。

これを、平均的な大人の歩幅である70cmで割っていきますと、800000÷70=11429歩が2時間歩いた場合の歩数と求めることができるわけです。

※エクセル

まとめ 1時間歩くと何歩?何キロ(何km)?1時間半や2時間では?

ここでは、1時間、1時間半、2時間と徒歩で歩いたケースでは、何歩になり、何キロ(何km)かかるのかについて確認しました。

・1時間歩くと距離は約4㎞で、5714歩程度

・1時間半歩くと距離は約6㎞で、8571歩程度

・2時間歩くと距離は約8で、11429歩程度

と見積もれます。

歩数と時間、距離の関係をきちんと理解して、日々の生活に役立てていきましょう。

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました