ツナ缶は何グラム(何g)?シーチキン缶の一缶の重さは?ツナ大さじ一杯の重量はいくらか?【小や大サイズのツナ缶】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。

例えば、私たちがちょっとした備えとしてとしてよく購入する缶詰めである、ツナ缶は何グラムなのか理解していますか。

ここでは「小や大サイズのツナ缶の一缶あたりの重量は何グラム(何g)なのか?」「似ている缶詰めのシーチキン缶の重さはいくらか」「ツナ缶の大さじ1は何グラム程度なのか」について解説していきます。

スポンサーリンク

ツナ缶の重さは何グラム?【一缶あたりの内容量(重量)】

結論からいいますと、ツナ缶一缶あたりの重さは、70グラムの製品が一般的です。

ただ、このツナ缶の内容量70グラムといっても、ツナ自体の重量がこれだけ含まれているのではありません。ツナが浸されている水や油の含有量も含めて、この70g程度となっています。

具体的なツナ缶一缶の重量としては、おおよそツナ自体が50g、浸してある液体(水や油)が、20g強と考えるといいです。

なお、製品にもよりますが水のツナ缶の方が油に入ったツナ缶よりも、ツナ自体の内容量が若干量多い傾向です。

また、よく見かけるのが上のツナ缶の重量といえますが、その種類としてはさらに小サイズ(60g程度)や大サイズ(140g程度)などとたくさんあるため、購入の際は「このツナ缶は何グラムか」をきちんと確認してから買うといいです。

ツナ大さじ一杯は何グラムか?【重さ】

このようにツナ缶一缶に含有されているツナの重量は50グラム程度ですが、これを大さじ一杯で取り分けようとすると何グラムになるのでしょうか。

実際にすくってみると、ツナにおける大さじ1は約18-20グラム程度となることがわかります。

もちろん盛り方によっても大きく変化するため、あくまで参考値として使用するといいです。

シーチキン缶の重さは何グラム?【一缶あたりの内容量(重量)】

結論からいいますと、シーチキン缶も一缶あたりの重さは、70グラムの製品が多いです。

以下のようなものです。

なお、こちらのシーチキン缶の内容量70グラムといっても、シーチキン自体の重量がこれだけ含まれているのではありません。

ツナ缶一缶と同様に、シーチキン缶であってもシーチキンが浸されている水や油の含有量も含めて、この70g程度となっています。

このとき、中身のシーチキンは約50g程度と理解しておきましょう。

まとめ ツナ缶は何グラム(何g)?シーチキン缶の一缶の重さは?ツナ大さじ一杯の重量はいくらか?

ここでは、ツナ缶一缶やシーチキン缶一缶の重さは何グラム(何g)か?ツナを大さじ1杯の重量はいくらか?について解説しました。

・ツナ缶やシーチキン缶一缶の重さ(内容量)は70gの製品が多い

・ツナ缶大さじ一はおおよそ20g弱程度の重量

・なお、製品によって種類が多くあり、購入する際にはきちんとグラム数について、確認した上で買うといい

・シーチキン缶も70gあたりの製品が多い傾向

となります。

ツナやシーチキン缶をはじめとしたなどの身近な食べ物への理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごししょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました