卵一個の重さは何グラム(何g)?半分では?ゆで卵と生卵一個の重量の違いは?【lサイズやmサイズの卵】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。

例えば、私たちがよく料理として使用する卵一個分の重量は何グラムか理解していますか。

ここでは、これら「mサイズやlサイズの卵一個の重さは何グラムなのか?」「卵半分の重量は何グラム(何g)なのか」「ゆで卵と生卵一個の重量に違いはあるのか」等について解説していきます。

スポンサーリンク

卵一個の重さは何グラム?中身だけの重量は?【mサイズやlサイズ】

結論からいいますと、サイズがlの卵一個分(殻付き)の重さは「64グラム以上70グラム未満」と定義されています。同様に、サイズがmの卵一個分の重量は「58グラム以上64グラム未満」と定められているのです。

これらは、JAによる規定されているものです。

http://219.113.19.74/06-c.htmより引用

なお、卵の殻を除いた中身(可食部)は約85%と重量であるため、lの卵の中身(全卵)は54~60グラム程度と計算できます。同様にmサイズの卵一個の中身(全卵)としては、49=54グラム程度に落ち着くわけです。

卵一個の黄身(卵黄)や白身(卵白)の重量は?【lサイズとmサイズ】

なお、卵一個の中でも、黄身と白身に分けた際の重量についても知りたいケースがあるでしょう。

この卵一個における、卵黄と卵白の重さに分けても考えていきます。

mサイズの中身の合計を51.5gとすると、卵黄(黄身)の重量は約20gで、卵白(白身)の重さは約31.5g程度と求めることができるわけです。

同様にlサイズの卵であっても、中身の重量を59.5gとすると、中身の重さは約20gで白身の重量は39.5gと計算できるのです。

ゆで卵一個の重さは何グラム?生卵と違う?

なお、卵の状態がゆでてあっても、生の状態であってもその重量はほとんど同じです。

つまり、ゆで卵一個の質量はlの大きさであれば64~70グラム、mであれば58~64グラムの範囲内に収まります。

これは、物理でいう質量保存の法則によるもの(簡単にいうと化学変化の前後では重さは同じ)いえます。

まとめ 卵一個の重さは何グラム(何g)?ゆで卵と生卵の重量の違いは?【lサイズやmサイズの卵】

ここでは、卵一個の重さは何グラム(何g)?ゆで卵と生卵の重量の違いは?【lサイズやmサイズの卵】について解説しました。

・サイズがlの卵一個分(殻付き)の重さは64グラム以上70グラム未満

・サイズがmの卵一個分の重量58グラム以上64グラム未満

・サイズがlの卵一個分の中身(全卵)の重さは約60gで黄身が20g、白身が39.5g程度

・サイズがmの卵一個分の中身(全卵)の重さは約51.5gで黄身が20g、白身が31.5g程度

・ゆで卵と生卵の重量はほぼ同じ

と、なります。

卵をはじめとしたなどの身近な食べ物への理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごししょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました