大さじ1は何ml(何cc)?大さじ1杯は小さじ何杯分(大さじは小さじの何倍か)ですか?小さじは大さじの何分の1か?【大さじ1を小さじで代用するとどうなる】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、体積(容積)について考えるケースがよくあります。

例えば、料理などの場面において醤油、水、牛乳、ケチャップ、砂糖、みりん、パン粉などを使う際、その体積を図ることも多いですよね。

この体積を考える際に、大さじ1や小さじ1などの表現を見かけることがありますが、これらの量がどのくらいで、大さじと小さじはどのような関係性になっているのか理解していますか。

ここでは「大さじ1は何ml(何cc)?大さじ1杯は小さじ何杯分か?小さじは大さじの何分の1か?」について解説していきます。

スポンサーリンク

大さじ1は何ml(何cc)か【大さじ1杯の量】

結論からいいますと、大さじ1杯の量は15ml(15ミリリットル)と定義されています。

なお、1ml=1ccという計算式があるため、よって大さじ1=15ccとも計算できます。

これは定義であるため、覚えておくしかないです。

大さじ1杯は小さじ何杯分ですか?【大さじ1を小さじの代用にすると?:大さじは小さじの何倍か】

続いてよく使用する計量グッズの一つである小さじについても確認していきましょう。

上述のよう大さじ1の体積は15cc(15ml)と定義されており、一方で小さじ1杯=5cc(5ml)と決められています。

そのため、大さじ1は小さじ何杯分ですかと聞かれれば、大さじ1杯=小さじ3杯分に相当するといえます。

小さじは大さじの何分の1か?

引き続き、大さじと小さじと関係性について考えていきましょう。

今度は逆に小さじ1杯は大さじ1杯ぼ何分の1かについて計算してみます。上述のように、大さじ1=小さじ3倍という計算式の逆数をとればいいので、小さじ1=大さじ1/3と変換できます。

つまり、大さじを小さじの代用として活用する場合には、その3分の1程度の量(実際には大さじの断面積は一定ではないので、深さとしては半分程度目安がいい)を入れる必要があるのです。

大さじも小さじも良く使用する計量スプーンなので、各々の意味を理解しておくといいですね。

まとめ 大さじ1杯は何ml(何cc)?大さじ1杯は小さじ何杯分ですか?小さじは大さじの何分の1か?【大さじ1を小さじで代用するとどうなる】

ここでは、大さじ1は何ml(何cc)?大さじ1杯は小さじ何杯分ですか?小さじは大さじの何分の1か?【大さじ1を小さじで代用するとどうなる】について解説しました。

・大さじ1杯=15ml=15cc

・大さじ1=小さじ3杯分

・小さじ1=大さじの3分の1

となります。

大さじ、小さじ等の理解を深め、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました