スポンサーリンク

からしの漢字表記は辛子や芥子か?読み方や和名や由来・語源も解説!マスタードの漢字は洋辛子や洋芥子か?

暮らしの知恵

私たちが生活している中で、よく聞く言葉だがその漢字表記がわからないものに遭遇することがあります。

例えば、代表的な海の生き物の一つである「からし」の漢字表記やその漢字の由来・語源について理解していますか。

ここでは、このからしに着目して「からしの漢字表記は辛子や芥子か?

この読み方や由来・語源は(難読漢字)や英語表記は?マスタードの漢字は洋辛子や洋芥子か?」について解説していきます。

スポンサーリンク

からしの漢字表記は辛子や芥子か?和名・由来・語源を解説!【難読漢字の読み方】

それでは以下で難読漢字といえる野菜の「からし」の漢字について確認していきます。

結論からいいますと、からしの漢字表記は「辛子や芥子」です。

なお、漢字では上のように記載するものの日常的には「からし」というひらがなか、「カラシ」というカタカナ表記が使われると覚えておきましょう。

 

まずはからしが和名で「芥子」と名付けられた由来・語源も確認していきます。

からし(いわゆる和がらし)は、芥子菜(からし菜)という植物の種子の部分を、主な原材料として製造されます。

つまり原料の植物の漢字の一部を、そのまま調味料のからしに適用させ「芥子」と記載しているわけですね。

 

からしは漢字で辛子とも書く。由来・語源は?

なお、からしのことを「辛子」という漢字で表すこともあります。どちらかといえば、こちらの漢字の方がなじみの漢字といえるでしょう。

からしを「辛子」と記載する理由としては、かなりシンプルであり

・味が辛いため
・からしという響きが同じため

といえます。そのままですね笑

ただ、まれに辛子と記載した場合でも「唐辛子」を意味するケースもあるので注意するといいです。

なお、からしを芥菜と書く場合もたまにありますね。

 

このように、からしの漢字・和名表記をはじめとしてその命名の由来・語源を知っておく・想像すると面白いし、覚えやすいためおすすめです。

 

 

マスタードの漢字表記は洋辛子か?【洋風のからし】

なお「和がらし」と似た調味料として、マスタードが挙げられます。このマスタードは「洋がらし」とも呼びます。

そのため、このマスタードの漢字としては「洋辛子」などと辛子の先頭に「洋」をつけたもので表現されるのです。

なお、他の薬味である

わさびの漢字についてはこちら
・みょうがの漢字についてはこちら

で詳しく解説していますので、併せて確認してみてください。

 

からしの英語表記は?【和がらしやマスタード】

さらには、からしの英語表記についても確認していきましょう。

和からしは英語でJapanese mustardと表記します。

マスタード:mustardという英語がベースであり、これに「和、つまり日本」を意味するJapaneseを追加しただけといえます。

 

まとめ 辛子や芥子の読み方や意味はからしか?語源や英語での表記は?

ここでは、からしの漢字表記は辛子や芥子か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説しました。

野菜の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

からしを始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活をより楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました