トマト一個は何グラム(何g)?半分の重さは?ホール缶の重量は?トマト缶はトマト何個分?

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。

例えば、私たちが野菜としてよく食べるりんごの一個あたりの重さは何グラム(何g)なのか理解していますか。

ここでは「トマト一個の重量が何グラム(何g)なのか?」「トマト半分の重さはいくらなのか?」「トマトのホール缶の質量は?」「トマト缶はトマト何個分に相当するのか」について解説していきます。

スポンサーリンク

トマト一個分は何グラム(何g)?【一つ分の重さ】

結論からいいますと、トマト一個分の重量は約150~200g弱です。

もちろん、品種や成長度合いによって変化しますが、私たちが暮らしている上での通常サイズのトマトであれば、一個あたり150~200グラム程度となるわけです。

なお、トマトの場合はほとんどが可食部であるために、その重量すべてが食べられる分の重さに相当します。

トマトは半分では何グラム(何g)となるのか【重量】

よって、トマト一個の半分サイズでは、150÷2=75g~200÷2=100g程度となるのです。

同様に半分サイズであっても、可食部の割合は同じで、上述の重量のほぼ100パーセントが可食部の重さとなります。

トマトのホール缶の質量はどのくらいなのか?【400g?200g?】

続いて、同様にトマトのホール缶の内容量についても考えていきます。

一般的なサイズのトマトのホール缶であれば、基本的に400gです。 

これは、トマトとしての固形分の量と水分量を足し合わせた重量をさします。

もちろん、メーカーや製品によってその内容量も種類も変化するため、購入する際はそのおもさ等々をきちんと確認するといいです。

トマト缶はトマト何個分?

また料理のレシピなどにおいて、上述のようなトマト缶を使用するケースが多くあるわけですが、これはトマト何個分に相当するのでしょうか。

結論からいいますと、トマト缶(ホール缶)において400gの中でも固形分が240gなどの6割程度であるケースが多いです。かつ、残りはトマトジュース等で補填されているのです。

そのため、一概にトマト何個分の成分に相当するのかどうかは判断が難しいですが、固形分のみに着目し、トマトが150gのものを使ったと仮定すると、240÷150=1.6個分のトマトがこの固形分としては使用されているわけです。

なお、トマトジュース分のことも考慮すると、トマトの栄養としては1.6個分以上の成分が含有されていると予想できます。

まとめ トマト一個は何グラム(何g)?半分の重さは?ホール缶の重量は?トマト缶はトマト何個分?

ここでは「トマト一個の重量が何グラム(何g)なのか?」「トマト半分の重さはいくらなのか?」「トマトのホール缶の質量は?」「トマト缶はトマト何個分に相当するのか」について確認しました。

・トマト1個は150~200g → よって半分の重さは75g~100g

・トマトのホール缶の重量は400gが基本

・トマト缶はトマト何個分かは判断が難しいが、成分的には通常の大きさのトマト1.6個分以上とはいえる

トマトをはじめとしたなどの身近な食べ物への理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごししょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました