パスタ一人前は何グラム(何g)?茹でると何グラムになる?何倍になる?大盛りでは?【スパゲッティの重さと膨張率】

暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。

例えば、私たちがよく食べるパスタ(スパゲッティ)において一人前といえばその重量は何グラム(何g)なのか理解していますか。

ここでは「パスタ一人前の重量は何グラムなのか?」「大盛りのスパゲッティでは何グラム程度なのか」「パスタを茹でると何倍になるか?何グラムになるのか」について解説していきます。

スポンサーリンク

パスタ(乾麺)の一人前は何グラム?レストランでのパスタの量は?【茹でる前のスパゲッティの重量】

結論からいいますと、男性の場合の一人前として満足できる茹でる前のパスタ(乾麺)の量は約150〜200g程度であり、女性の場合は約100gがこれに相当します。

なおパスタ専門店などのパスタをメインで食べることを想定した場合では、後者の100グラム程度を茹でる前の一人前としている場合が多いです。もちろん、店によってその内容量は変化することを理解しておきましょう。

また、レストランといったもパスタの他にも前菜や主菜などをメインに食べる洋食店などであれば、パスタ1人前の量としては約50g程度のこともあります。

パスタ(スパゲッティ)の大盛り(乾麺)は何グラム程度を指す?

よって、上述の一人前の重量をベースに考えますと、乾麺の状態でのパスタの大盛りの量としては、パスタメインの店では150g程度、パスタ以外にもメインで食べる店であれば100g程度となるケースが多いです。

そのため男性はパスタが大盛りの量のパスタであっても、満足できない方も意外といます。

パスタ一人前を茹でた後は何グラムになる?茹でると何倍になる?【スパゲッティの膨張率】

なお、乾麺の状態ではなく、茹でた後の麺が何グラムになるのか気になる方もいるでしょう。

実は、パスタ100gを茹でた後の重量は、約2.3倍〜2.5倍程度の230〜250グラム程度となります。これは、他のそばやインスタント麺などと比較しても同程度の膨張率といえます。

水分を麺が含むために重くなることが理由です。

よって、パスタの乾麺の量が大盛りとして150g茹でたとすると、茹でた後の重量はおよそ150×2.5=225gあたりとなるわけです。

きちんと「パスタの茹でる前と茹でた後で何倍になるか」を把握して、カロリー、糖質計算などに活用していきましょう。

まとめ パスタ一人前は何グラム(何g)?ゆでると何グラムになる?何倍になる?大盛りでは?【スパゲッティの重さ】

ここでは、パスタ一人前の重量は何グラムなのか?」「大盛りのスパゲッティでは何グラム程度なのか」「パスタを茹でると何倍になるか?何グラムになるのか」について解説しました。

・レンストランにおけるパスタ一人前(乾麺)は専門店では約100g程度で、メインで別の料理を食べる店では50g程度

・大盛りでは上述の一人前(茹でる前)でのグラム数に50g程度を加えた150gもしくは、100g程度

・パスタを乾麺の状態から茹でるとそのグラム数は2.3〜2.5倍程度

となります。

パスタ(スパゲッティ)をはじめとしたなどの身近な食べ物への理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごししょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました