スポンサーリンク

にんべんに毎(侮)の読み方や意味は?にんべんに専(傅)の読み方や意味は?にんべんに足(促)の読み方や意味は?にんべんに故(做)の読み方や意味は?【漢字の音読み・訓読み】 

私たちが生活している中で字はわかるけれども読めない漢字と遭遇することがあるでしょう。

ただ、この漢字が覚えていないと何かと生活で困ることもあるため、理解しておくといいです。

中でもここではにんべんに毎(侮)の読み方や意味は?にんべんに専(傅)の読み方や意味は?にんべんに足(促)の読み方や意味は?にんべんに故(做)の読み方や意味は?について訓読みと音読み別に解説していきます。

スポンサーリンク

にんべんに毎(侮)の読み方や意味は?

 はじめに、にんべんに毎(侮)の読み方や意味について確認していきましょう。

にんべんに毎と表記する漢字の「侮」の読み方は、

・音読み:ぶ
・訓読み:あなど(る)

と読みます。

この漢字の音符「毎」はもともと髪飾りをつけた女性の象形ですが、仮借し「つねに。」を意味しますが、ここでは同じ「毎」を音符に持つ「晦(みそか)」に通じ、「くらい。」を意味します。

それに人が付いて、暗くて視野にも入らない人から「あなどる。」の意味を表します。また、「あなどり。人をばかにした行い。」、「しのぐ。おかす。」も意味します。この漢字は中学校で学習する常用漢字なので、しっかり覚えましょう。

 

にんべんに専(傅)の読み方や意味は?

次に、にんべんに専(傅)の読み方や意味について確認していきましょう。

にんべんに専と表記する漢字の「傅」の読み方は、

・音読み:ふ
・訓読み:かしず(く)、つ(く)、もり

と読みます。

  この漢字の音符「尃」は扶に通じ、「たすける。」を意味します。それに人が付いて、たすける人「もり役(守)。」を表します。

また、「そえ(副)。ひかえ。かわり。」、「つく。つける。近づく。かしづく。寄り添う。」、「敷く。ならべる。また、述べ立てる。」も意味します。

「傅」は漢字検定一級の難しい漢字です。また、音符も「専」によく似ていますが、「尃(ふ)」なので注意しましょう。同じ「尃」を音符に持つ漢字として「博」や「縛」があります。

 

にんべんに足(促)の読み方や意味は?

続いて、にんべんに足(促)の読み方や意味についても確認していきましょう。

にんべんに足と表記する漢字「促」の読み方は、

・音読み:そく

・訓読み:うなが(す)、せま(る)

と読みます。

 この漢字の音符「足」は速に通じ、「はやい」を意味します。それに人が付いて、人をうながしてはやくさせるの意味を表します。よって、「促」の意味は「うながす。せきたてる。」を表します。

また、「せまる。接近する。また、つまる。おしつまる。」、「すみやか。はやい。」、「せわしい。いそがしい。きびしい。」の意味も持ちます。この漢字は中学校で学習する常用漢字なので、しっかり覚えましょう。

 

にんべんに故(做)の読み方や意味は?

最後に、にんべんに故(做)の読み方や意味について確認していきましょう。

にんべんに故と表記する漢字「做」の読み方は、

・音読み:さ、さく

・訓読み:な(す)、な(る)

と読みます。

 この漢字は「作」の俗字で「人」と「故」が合わさった会意文字です。漢字の意味は「なす。行う。作る。」、「なる。~になる。」を表します。

漢検一級の難しい漢字ですが、「作」の俗字だと知っていれば、「さ、さく」の音読みは容易に覚えられるでしょう。

 

まとめ にんべんに足(促)やにんべんに故(做)の読み方や意味は?

ここでは、にんべんに毎(侮)の読み方や意味は?にんべんに専(傅)の読み方や意味は?にんべんに足(促)の読み方や意味は?にんべんに故(做)の読み方や意味は?について確認しました。

どれも難しい漢字のためこの機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字の意味や読み方を学び毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました