スポンサーリンク

たけのこの漢字表記は竹の子や筍や笋?読み方や和名や由来・語源も解説!【難読漢字】

私たちが生活している中で、よく聞く言葉だがその漢字表記がわからないものに遭遇することがあります。

例えば、代表的な野菜の一つである「たけのこ」の漢字表記やその漢字の由来・語源について理解していますか。

ここでは、このたけのこに着目してたけのこの漢字表記は竹の子や筍や笋か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?について解説していきます。

スポンサーリンク

たけのこの漢字表記は竹の子や筍や笋や唐人豆か?和名・由来・語源を解説!【難読漢字の読み方】

それでは以下で難読漢字といえる野菜の「たけのこ」の漢字について確認していきます。

結論からいいますと、たけのこの漢字表記は「竹の子や筍や笋」です。中でも一般的に使用されるのは「竹の子 or 筍」ですね。

まずは「たけのこ」の漢字として「竹の子」が使用されている理由について、確認していきましょう。

基本的に食べ物などで知られる「たけのこ」ですが、いわゆる植物の竹の子供という意味で「竹の子」と表記されています。意味をそのまま漢字にしただけといえますね。

ただ、こちらの「竹の子という漢字(とひらがな混ざったもの)」の記載では、「食べる場合のたけのこ」にあまり使用しません。どちらかというと、植物学的な「竹」の若い状態を指すといえます。

なお、植物の竹に近づいているということは、一般的に食べるタケノコ(後に解説する筍の漢字)よりも成長している状態を指します。

食用のタケノコ(筍)はこの竹の子よりも、さらに若い状態と覚えておきましょう。

以下のようなイメージです。

もちろんちょっとした日常の記述においては、食べるものに対しても「竹の子」という漢字を当てる人も多いため、それほど厳密な使い分けが必要ではありませが、上のようにより細かい分類があることも覚えておきましょう。

 

タケノコの漢字として筍と書くこともある

既に「竹の子と筍」の漢字の意味の違いの説明をしてしましたが、たけのこを「筍」と表記することもあります。

改めて整理しておきますと、こちらの漢字一文字の筍は、主にスーパーや八百屋で購入するタケノコ(いわゆる食用のもの)を指します。竹の子と書いたものの方が、基本的にはより成長しているわけです。

ただ漢字の表記としてはこちらの「筍」の方が難しいため、注意して覚えましょう。

たけかんむり+旬(いわゆる、しゅん)で「筍」という漢字になるため、「竹を食べるのに旬な状態」という意味で「筍(たけのこ)」と書く・・・などと暗記すると、忘れにくいですね

以下のよう筍という漢字表記だけでなく、カタカナで「タケノコ」、ひらがなのまま「たけのこ」と書く場合もあります。

【タケノコレシピ】豚肉と筍のピリ辛炒めの作り方

 

たけのこを笋とも記載する

なお、現在ではほぼ使わないものの、たけのこを「笋」という漢字で表す場合もあります。

単純に現在のたけのこの漢字の「筍」の旧字といえますね。

コミュニケーションをする際はこの笋という漢字では伝わりにくいため、控えた方がいいです。ちょっとした雑学自慢の際には使える(?)ため、暗記しておくのもいいでしょう(笑)。

このように、たけのこの漢字・和名表記をはじめとしてその命名の由来・語源を知っておく・想像すると面白いし、覚えやすいためおすすめです。

 

たけのこの英語表記は?

続いて、たけのこの英語表記についても確認していきましょう。

たけのこの英語表記はbamboo sprout(読み方:バンブー スープラウトゥ)か、bamboo shoot(読み方:バンブー シューツ)です。

英語のbambooは竹、sproutは芽という意味のため、竹の子(竹の若い芽)と直訳しており、覚えやすいでしょう。

 

まとめ 筍や笋の読み方や意味はたけのこ?語源や英語での表記は?

ここでは、たけのこの漢字表記は竹の子や筍や笋か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説しました。

野菜の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

たけのこを始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活をより楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました