料理における比率の計算(調味料等)【何対何という表記】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

普通に生活している中でよく比率(何対何か)の計算を求められることがあります。

例えば、料理本などで調味料の比率が「何対何」といった記載をよくみかけますが、この場合どのように計算するのか理解していますか。

ここでは、この料理の調味料の比率の計算方法について確認していきます。

スポンサーリンク

料理における比率の計算(調味料等)【何対何という表記】

それでは、料理での調味料の比率の考え方について確認していきます。

例えば、料理の作り方の中で「水:砂糖:みりん」=「3:2:1」といった何対何という記載方法がとられているケースがありますよね。

このとき、この料理の調味料の比率は決まっているものの、絶対的な量は定められていないといえます。

つまり、元となる「1」に量はあなた自身で決めていいものなのです。例えば、小さじ1杯の分量でもいいですし、大さじ1杯にしてもよく、好みで決めましょう。

料理の調味料の比率の計算問題を解いてみよう【何対何】

それでは、料理における何対何に関する問題について確認していきます。

・例題1

ある料理の作り方には「水:砂糖:みりん」=「3:2:1」と記載されていました。

この場合の実際に調味料を入れる量について考えてみましょう。

・解答1

この料理の比率計算では、何対何をそのまま使用していくといいです。

今回はみりんの量を小さじ一杯にすると決めてみます。すると、その料理には、砂糖はその2倍の小さじ2杯分、水はその3倍の小さじ3杯分を入れることでバランスの取れた味になりやすいわけです。

このとき、もっと濃い味にしたければ、さらにその3倍の分量にし「水:砂糖:みりん」=「9杯:6杯:3杯」としてもいいのです。

まとめ

ここでは、料理の調味料の比率計算(何対何か)の方法について解説しました。

料理の調味料などで比率が「3:2:1」のように記載されていれば、その元となる1の分量をあなた自身が好みで決めてよく、これを元に別の調味料の分量も計算していくといいです。

濃い味が好みの方であれば1の分量を上げ、薄い味が好みの方であれば1の分量を下げればいいわけです。

上手に、料理の調味料の比率を調整し、もっと美味しい料理を作っていきましょう。

 

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました