プラチナ(Pt)や金(Au)は電気を通す?通さない?【導電性】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちが普通に生活している中にも、さまざまな面白い科学現象が潜んでいます。

例えば、プラチナ、金などの貴金属は指輪とあったアクセサリーたしてよく見かけますが、これらが電気を通すのか通さないのか理解していますか。

ここでは、プラチナ(白金)には、電気伝導性があるのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

プラチナ(Pt)は電気を通す?通さない?【白金】

結論からいいますと、指輪などで使用されるプラチナ(白金)は電気を通す、電気伝導性が高い材料といえます。

これはプラチナという素材が使用されていること自体が通電性と関係しており、その形状は特にに関係ないのです。

そしてご存知の通りこのプラチナ(白金) 金属の一種です。希少価値の高い高価な金属といえるため、もしかしたら電気を通さないのでは?と思う方といますが、これは間違いです。

どのような金属であっても、種類関係なく

、自由電子を持つために、電気を通す
、延性や展性がある
、金属光沢がある

という性質を持つため、通電性はあるものなのです。

よって、プラチナ(白金)が使用されている物質であれば、指輪あろうが板であろうがなんでも電気を通すのです。

このような理由からプラチナ等(pt)は電気を通すといえます。

金(Au)は電気を通すのか

結論から言いますと、プラチナだけでなく金も同様に電気を通す通す材料です。これは、先にも述べたように金ももちろん金属の一種だからです。

つまり、貴金属である金も先にも述べたような「自由電子を持つために、電流が流れやすい」ことが当てはまるわけです。

なお、金は指輪だけでなく、粉末状のものや金箔など様々な形状の種類がありますが、どれも通電性があることを理解しておきましょう。

まとめ

ここでは「プラチナ(白金.pt)や金(au)は電気を通すのか」について解説しました。

プラチナも金は全て金属に該当するため、通電性が高いです。

これは金属の定義の一つとして、「電気を通す」というものがあるために、電気を通すことができるわけです。

身近な科学現象を理解して毎日の生活をより楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました