スポンサーリンク

パプリカの漢字表記は黄青椒か?和名・読み方や由来・語源を解説!英語では?【難読漢字】

暮らしの知恵

私たちが生活している中で、よく聞く言葉だがその漢字表記がわからないものに遭遇することがあります。

例えば、代表的な野菜の一つであるパプリカの漢字表記やその漢字の由来・語源について理解していますか。

ここでは、このパプリカに着目してパプリカの漢字表記は黄青椒か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説していきます。

 

スポンサーリンク

パプリカの漢字表記は黄青椒か?和名・由来・語源を解説!【難読漢字の読み方】

それでは以下で難読漢字といえる野菜のパプリカの漢字について確認していきます。

結論からいいますと、パプリカの漢字表記は黄青椒です。

この漢字は、ピーマンの漢字表記の1つの青椒とも大きく関係しています。

まず、パプリカとピーマンは関連性が高い野菜であり、両方ともナス科のトウガラシ族に分類されます。

・トウガラシ(唐辛子)は「蕃椒」とも記載すること

・日本では緑のことも青と表現すること

から、緑色のトウガラシ属の野菜を青椒(ピーマン)と表現しているわけですね。

 

そしてピーマンは緑が基本ですが、パプリカはピーマンに形状は似ているものの、ベースの色は黄色や赤です。

このような背景もあり、ピーマンの漢字表記の青椒の先頭に「メインカラーの黄色」がついた漢字の黄青椒がパプリカとされているのです。

これらがパプリカの漢字が黄青椒と記載される由来・語源です。

このようにパプリカの漢字・和名表記をはじめとして、その命名の由来・語源を知っておく・想像すると面白いし、覚えやすいためおすすめです。

 

パプリカの英語表記や複数形は?語源・由来は英語って本当?

続いて、パプリカの英語表記についても確認していきましょう。

パプリカの英語表記はpaprikaかbell pepperであり、後者の方がどちらかというと一般的です。

パプリカの英語の発音の中で注意すべきポイントとしては、「リ」の音がlではなくrなことです。そのため、舌を前歯につけないように発音するといいです。

なおパプリカの複数形は、paprikasやbell peppersとsがつけます。

このように英語のpaprika→日本でパプリカと命名→上のような流れによって漢字表記が黄青椒となると覚えておきましょう。

 

まとめ 黄青椒の読み方や意味はパプリカ?語源や英語での表記は?

ここでは、パプリカの漢字表記は黄青椒か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説しました。

野菜の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

パプリカを始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活をより楽しんでいきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました