スポンサーリンク

てへんに習う(摺)の読み方は?てへんに石(拓)の読み方や意味は?手へんに選ぶの右(撰)の読み方は?手編に俺の右(掩)の読み方や意味は?【漢字の音読み・訓読み】

暮らしの知恵

私たちが生活している中で字はわかるけれども読めない漢字と遭遇することがあるでしょう。

ただ、この漢字が覚えていないと何かと生活で困ることもあるため、理解しておくといいです。

中でもここでは「てへんに習う(摺)読み方は?てへんに石(拓)の読み方や意味は?手へんに選ぶの右(撰)の読み方は?手編に俺の右(掩)の読み方や意味は?」について訓読みと音読み別に解説していきます。

スポンサーリンク

てへんに習う(摺)の読み方や意味は?【漢字の読み方】

それではまずてへんに習うと漢字の「摺」の読み方について確認していきます。

てへんに習うと記載する漢字の「摺」の読み方は

・音読み:しょう、ろう
・訓読み:たた(む)、ひだ、くじ(く)、す(る)

と読みます。

摺は訓読みにあるように、折りたたむ、しわ、くじく、印刷するなどの意味があります。

手の動作を意味する「扌」と、繰り返し口にして学ぶ、なれる(重ねる)を意味する「習」が組み合わさり、この字ができたと言われています。

 

てへんに石(拓)の読み方や意味は?

続いててへんに石の読み方や意味についても確認していきましょう。

てへんに石と記載する漢字の「拓」の読み方は

・音読み:たく
・訓読み:ひら(く)

と読みます。

 

拓は訓読み「ひらく」にあるように、きりひらく、ひろげるという意味を持ちます。

また、石碑などに刻まれた文字に紙などをあてて写し取ったものという意味も持ち、熟語でいうと「拓本」がこの意味で使われています。この漢字を使った「開拓」という熟語は、山林や荒地など、未開の地を切り開くことや、研究や仕事で新しい分野を切り開くことを指します。

さらに、拓は手で押すという意味も持ちます。

手で石を拾い、その結果開けた土地というのが由来ともいわれています。

合わせて知っておくと覚えやすいでしょう。

 

手へんに選ぶの右(撰)の読み方や意味は?

さらには手へんに選ぶの右(撰)の読み方や意味についても確認していきましょう。

手へんに選ぶの右と記載する漢字の「撰」の読み方は

・音読み:せん、さん
・訓読み:えら(ぶ)

と読みます。

熟語には、詩や文を作る意の「撰述(せんじゅつ)」、「杜撰(ずさん)」、詩文を選び編集する「撰集(せんしゅう)」、多くの中からよりすぐる意の「新撰(しんせん)」などがあります。撰はつくる、えらぶなどの意味を持ちます。

右側が同じ「撰」と「選」の違いについては、どちらもより分けてえらぶという意味を持ちます。

前者が詩や文をえらぶことに使われるのに対して、後者は人をえらぶ時に使われるという違いが主に挙げられます。

また、常用漢字になっている「選」は目にすることが多いですが、「撰」は常用漢字ではなく、他の字で代替されることも多いようです。

 

手編に俺の右(掩)の読み方や意味は?

手編に俺の右と記載する漢字の「掩」の読み方は

・音読み:えん
・訓読み:おお(う)、かば(う)、たちま(ち)

と読みます。

意味は、成り立ちや訓読みにもあるように、「おおいかくす」、「かばう」、「閉ざす」、「急におそう」などがあります。掩は、手編の「手」とつくりの「(雷雲が)覆い隠す」から成り立っているといわれています。

また、熟語では、おおいかくすの意で「掩蔽(えんぺい)」、かばうの意で「掩護(えんご)」などがあります。

 

まとめ 手へんに選ぶの右(撰)の読み方は?手編に俺の右(掩)の読み方や意味は?

ここでは、てへんに習う(摺)の読み方は?てへんに石(拓)の読み方や意味は?手へんに選ぶの右(撰)の読み方は?手編に俺の右(掩)の読み方や意味は?について確認しました。

どれも似たような漢字なので、その読み方や意味を混同しないようにするといいです。

さまざまな漢字の読み方や意味を理解し、日々の生活に役立てていきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました