スポンサーリンク

もずくの漢字表記は海月や水雲や海蘊や水蘊や藻付か?読み方や和名や由来・語源も解説!【難読漢字】

私たちが生活している中で、よく聞く言葉だがその漢字表記がわからないものに遭遇することがあります。

例えば、代表的な海藻の一つである「もずく」の漢字表記やその漢字の由来・語源について理解していますか。

ここでは、このもずくに着目してもずくの漢字表記は海月や水雲や海蘊や水蘊や藻付?この読み方や由来・語源は(難読漢字)や英語表記は?について解説していきます。

 

スポンサーリンク

もずくの漢字表記は水雲や海蘊や水蘊や藻付か?和名・由来・語源を解説!【難読漢字の読み方】

それでは以下で難読漢字といえる海藻の「もずく」の漢字について確認していきます。

結論からいいますと、もずくの漢字表記は「水雲や海蘊や水蘊や藻付」です。

中でも一般的な漢字としては、水雲です。実際にパソコンにて「もずく」と入力、変換時にサジェストとしててくるのもこの水雲です。

なお、漢字では上のように記載するものの日常的には「もずく」というひらがなか、「もずく」というカタカナ表記が使われると覚えておきましょう。

上の漢字では、難しかったり、違和感を感じたりしますからね。

 

もずくが和名で水雲や海雲と名付けられた由来・語源も確認していきます。

結論からいいますと、海月や水雲という漢字がもずくに充てられた由来・語源としては、明らかになっていません。

そのため、個人的な推測としては

・水(海)の中に生息し
・藻のような形状であり
・それが多くの塊となり雲のようになっている

という形状的な理由から、水雲や海雲と名付けられたと考えています。

言われてみれば、納得できる漢字ともいえるでしょう。

 

もずくは漢字で藻付とも書く由来・語源は?

なお、もずくのことを「藻付」という漢字で表すこともあります。こちらの漢字には、比較的有力な説があります。

基本的にもずくはホンダワラ類(いわゆる藻)というものに付着しつつ、成長していきます。この時「藻に付いて成長する」ことから「もずく≒藻付」となった説があるわけです。

確かにこちらも一理ありますよね。

なお、もずくの間の音は「すに点々」の「ず」を使用するのが一般的であり、もづくとはあまり書かないと覚えておきましょう。

このように、もずくの漢字・和名表記をはじめとしてその命名の由来・語源を知っておく・想像すると面白いし、覚えやすいためおすすめです。

 

なお、他の海藻類の

ひじきの漢字についてはこちら
・わかめの漢字についてはこちら
・こんぶの漢字についてはこちら
めかぶの漢字についてはこちら

で詳しく解説していますので、併せて確認してみてください。

 

もずくの英語表記は?

さらには、もずくの英語表記についても確認していきましょう。

もずくは英語でMozuku(読み方:モズク)とローマ字表記します。

これはもずくが日本から海外に伝わっていった食品であるためにこのように記載しているのです。

寿司をSushiとかく理由と同じですね。他にも、ヒジキも英語ではHijikiと書くのが一般的です。

 

まとめ 水雲や海蘊や水蘊や藻付の読み方や意味はもずくやすいうんか?語源や英語での表記は?

ここでは、もずくの漢字表記は水雲や海蘊や水蘊や藻付か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説しました。

野菜の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

もずくを始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活をより楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました