スポンサーリンク

めかぶの漢字表記は和布蕪や芽かぶか?読み方や和名や由来・語源も解説!【難読漢字】

暮らしの知恵

私たちが生活している中で、よく聞く言葉だがその漢字表記がわからないものに遭遇することがあります。

例えば、代表的な海藻の一つである「めかぶ」の漢字表記やその漢字の由来・語源について理解していますか。

ここでは、このめかぶに着目してめかぶの漢字表記は和布蕪や芽かぶか?この読み方や由来・語源は(難読漢字)や英語表記は?について解説していきます。

スポンサーリンク

めかぶの漢字表記は和布蕪や芽かぶか?和名・由来・語源を解説!【難読漢字の読み方】

それでは以下で難読漢字といえる野菜の「めかぶ」の漢字について確認していきます。

結論からいいますと、めかぶの漢字表記は「和布蕪や芽かぶ」です。

なお、漢字では上のように記載するものの、日常的には「めかぶ」というひらがなか、「メカブ」というカタカナ表記が使われると覚えておきましょう。

上の漢字では、難しかったり違和感を感じたりしますからね。

 

めかぶが和名で和布蕪と名付けられた由来・語源も確認していきます。

結論からいいますと「和布蕪」という漢字が当てられている理由としては、わかめと大きく関係しています。

基本的にめかぶとは、わかめにおける根に見える部分(厳密には海藻には区別がないことから、根ではない)を指しています。

なお、こちらで詳しく解説しているものの「わかめの漢字は和布」と記載し、同じ海藻のめかぶにも「和布」という漢字が含まれているわけです。

また「蕪」という漢字が語尾につく由来についての詳細は不明であるものの、めかぶという響きやイメージに合うように、この「蕪」という漢字が当てられたといえるでしょう。

 

 

めかぶは漢字で芽かぶとも書く。由来・語源は?

なお、めかぶのことを芽かぶという漢字で表すこともあります。こちらの漢字の由来・語源は詳しくはわかっていません。

ただ、

・めかぶという響きに漢字をあてた
・めかぶはわかめにおける「芽」のような部分ともとらえることができる

という観点から、めかぶの漢字として「芽かぶ」が使用されたともいえるでしょう。

このように、めかぶの漢字・和名表記をはじめとしてその命名の由来・語源を知っておく・想像すると面白いし、覚えやすいためおすすめです。

 

なお、他の海藻類の

ひじきの漢字についてはこちら
・わかめの漢字についてはこちら
・こんぶの漢字についてはこちら
・もずくの漢字についてはこちら

で詳しく解説していますので、併せて確認してみてください。

 

めかぶの英語表記は?

さらには、めかぶの英語表記についても確認していきましょう。

めかぶは英語でMekabu(読み方:めかぶ)とローマ字表記します。

これはめかぶが日本から海外に伝わっていった食品であるためにこのように記載しているのです。

寿司をSushiとかく理由と同じですね。他にも、もずくも英語ではMozukuiと書くのが一般的です。

 

まとめ 和布蕪や芽かぶの読み方や意味はめかぶか?語源や英語での表記は?

ここでは、めかぶの漢字表記は和布蕪や芽かぶか?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説しました。

野菜の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

めかぶを始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活をより楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました