mmolとμmolの変換(換算)方法は?【マイクロモルとミリモルの計算】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

科学的な解析を行う際によく単位変換が求められることがあります。

例えば、物質量の単位としてミリモル(mmol)やマイクロモル(μmol)が使用されることが多いですが、これらの変換方法について理解していますか。

ここでは、mmol(ミリモル)とμモル(μmol)の変換(換算)方法について解説していきます。

スポンサーリンク

mmolとμmolの変換(換算)方法は?【ミリモルとマイクロモル】

それでは、mmol(ミリモル)とμmol(マイクロモル)の違いと変換方法について解説していきます。

物質量の単位であるマイクロモル(μモル)とは、molの前に1000000分の1を表す接頭単位がついたものであるため、1000000μmol=1molと計算できます。

同様に、物質量の単位の一つのミリモル(mmol)はmolの前に1000分の1を表す接頭単位がついたものであるため、1000mmol=1molと求めることができます。

これらの式を比較することで、1mmol=1000μmolと変換できます。逆に1μmolは何mmolか?と聞かれれば、1μmol=0.001mmolと計算できるのです。

なおモルだけでなく、グラムやメートルなどの単位にもマイクロやミリがつくと同じ関係になることを理解しておくといいです。

mmol(ミリモル)とμmol(マイクロモル)の変換(換算)の計算方法

それではミリモル(mmol)やμモル(μmol)の換算に慣れていくためにも計算問題を解いてみましょう。

・例題1

4mmolは何μmolと計算できるでしょうか。

・解答1

上の変換式を参考にしていきます。

4 × 1000 = 4000μmolと変換することができました。

 

今度は、マイクロモルからミリモルに換算してみます。

・例題2

5000μmolは何mmolと換算できるでしょうか。

・解答2

こちらも上の変換式を元に計算していきます。

5000 ÷ 1000=5mmolと求められるのです。

マイクロモルやミリモルはモル(mol)ほど使用する頻度が高くなく忘れてしまいがちですので、この機会に理解を深めておきましょう。

まとめ mmolとμmolの変換(換算)方法は?【マイクロモルとミリモルの計算】

ここでは、 物質量の単位のmmolとμmolの変換(換算)方法について解説しました。

・1mmol=1000μmol

・1μmol=0.001mmol

と計算することができます。

各種単位の扱いになれ、効率よく科学計算を行っていきましょう

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました