スポンサーリンク

短い針は1日に何回回る?短い針が1周りする時間は?短い針は1時間で何目盛進みますか?

科学

私たちが何気なく生活している中で時間・時計に関する疑問が湧いてくることがあるでしょう。

例えば、時計において短い針に着目した場合、その短い針は1日に何回回る?短い針が1周りする時間は?短い針は1時間で何目盛進みますか?などの疑問に答えることができますか。

ここでは、短い針は1日に何回回る?短い針が1周りする時間は?短い針は1時間で何目盛進みますか?について詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

短い針は1時間で何目盛進みますか?

それえはまず時計の短い針(短針)は1時間で何目盛進みますか?という疑問について確認していきましょう。

 

結論をいいますと、短い針は1時間で1目盛分進みます。

これは時計の設計上そのように作られているために、1時間で1目盛となるのです

 

例えば、ある日の午後1時から1時間経つと午後2時になっているわけですが、この時短針は1目盛分進んでいることがわかりますよね。

 

このような疑問がわからない時には、上のように実際の時計の状態を図にしてみて、それを元に考えていくのも1つの手ですね。

 

 

短い針が1周りする時間は?

さらには、時計の短い針が1周りする時間は?についても確認していきましょう。

こちらの解答を先に示しますと、短い針が1周りする時間は12時間です。

これも時計の設計上そうなっているために、このような決まりとなっているわけです。

 

具体的には、上述のよう時計の短針は1時間に1目盛移動するのがわかりましたよね。

と同時に、時計1周分は12時間となっています(目盛を見るとわかりますが、12までで1周になってますね)。

そのため、時計の短い針が1周りする時間は 12 ÷ 1 =12 と12時間となるわけです。

時計の性質は日常との関わりも強いため、覚えておきましょう。

 

短い針は1日に何回回る(何周する)?

さらには、時計の短い針は1日に何回回る(何周する)かについても確認していきましょう。

こちらも答えを先にいいますと、1日に2回回る(2周する)といえます。

 

この問題を具体的に考えていきましょう。

上のように時計は12時間で1周します。

ここで1日=24時間であることを考慮しますと、24 ÷ 12 =2 と1日の間に2週回ることがわかりますね。

なお、このように計算しなくとも、時計の短針は午前中で1周して、午後でも1周するから、1日の中で2回回ると覚えておくのもいいです。

 

まとめ 短い針が1周りする時間は?短い針は1時間で何目盛進みますか?

ここでは、短い針は1日に何回回る?短い針が1周りする時間は?短い針は1時間で何目盛進みますか?について確認しました。

時計の性質は生活していく上でも大切なので、この機会に覚えておくといいです。

時計の性質を始めとして日常の知識を身につけることによって、日々の生活を楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました