マーガリン30グラムは大さじ何杯?マーガリン50グラムは大さじ何杯?マーガリン80gは大さじ何杯【マーガリン30gや50gや80gと大さじ】

暮らしの知恵
スポンサーリンク

私達が生活している中でさまざまな重さや体積の関係を知りたいことがあるでしょう。

例えば、料理などでよく使用するマーガリンですがこの重量が30g,50g,80g程度の量は大さじでは何杯分に相当するのか理解していますか。

ここでは、マーガリン30グラムは大さじ何杯?マーガリン50グラムは大さじ何杯?マーガリン80gは大さじ何杯分か?について途中の計算式を交えて解説していきます。

スポンサーリンク

マーガリン30グラムは大さじ何杯?【マーガリン30gと大さじ】

それではまずマーガリン30gが大さじ何杯に相当するのかについて解説していきます。

マーガリンの密度は約0.9g/ccであることを考慮すると、30g÷0.9g/cc=約33.3ccの体積と変換できます。

さらに大さじ1=15ccという換算式を活用しますと、33.3 ÷ 15 = 2.22となることから、大さじ約2杯強がマーガリン30gに相当することがわかるのです。

マーガリン50グラムは大さじ何杯?【マーガリン50g】

さらには、マーガリン50gに着目してそれが大さじ何杯に換算できるのかも確認していきます。

上と同じように計算を行えばよく、まずはグラムをマーガリンに換算してみましょう。マーガリンの密度の数値0.9g/ccを用いますと、50 ÷ 0.9 = 約55.6cと変換できます。

これを大さじ何杯かで表していきますと、 55.6 ÷ 15 = 約4.63=約4杯半強とわかります。

なお、大さじ2分の1(半杯)は深さ方向には半分ではなく、半分よりも若干多い量と認識しておくといいです(大さじの断面積は均一ではないため)。

マーガリン80gは大さじ何杯【マーガリン80gと大さじ】

さらには、マーガリン80gが大さじ何倍に相当するのかについても考えていきます。

こちらも同じように計算していくとよく、マーガリン80gは80 ÷ 0.9 ÷ 15 = 約5.92=大さじ6杯弱とわかりました。

まとめ マーガリン30グラムは大さじ何杯?マーガリン50グラムは大さじ何杯?マーガリン80gは大さじ何杯【マーガリン30gや50gや80gと大さじ】

ここでは、マーガリン30グラムは大さじ何杯?マーガリン50グラムは大さじ何杯?マーガリン80gは大さじ何杯【マーガリン30gや50gや80gと大さじ】について解説しました。

・マーガリン30グラム=大さじ約2杯強

・マーガリン50グラム=大さじ約4杯

・マーガリン30グラム=大さじ約6杯弱

です。

マーガリンの重さと大さじの杯数の関係を理解して、毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました