lnの意味や読み方は?自然対数lnの外し方(指数関数のexpでの変換)や計算方法について解説【エクセルも解説】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

科学的な解析を行う際に、よく数値計算が必要となることがあります。

中でも対数関数のlnなどが苦手と感じる人が多いですが、あなたがはこの自然対数のlnについて理解していますか

ここでは、自然対数のlnの意味や読み方、計算方法(lnの外し方、指数関数のexpとの関係)について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

自然対数のlnの意味や読み方は?log eとの関係は?

lnとは、対数関数であるlog の中でも底が自然対数(e:ネイピア数:2.718・・)であるものを指します。

そのためlnはlog e(このeは対数の底)などとも表記することを理解しておくといいです。

なお、この対数関数のlnの読み方は「エルエヌ」がほとんどであり、まれにロンやログと呼ぶ方がいますが、基本的にはエルエヌと言う方がいいですね。

なお、ln A = B という計算式がある場合は、 e^B =A という等式が成り立つことを意味しています。

そのため、上の式のAかBの数値がわかっている場合には各々の変換ができるといえます。

lnの計算方法(エクセル)は?【自然対数】

上述の通りlnは自然対数2.718・・・を含むため、基本的に電卓やエクセルを使用して計算する必要があります。

特にエクセルの方がより効率よく計算可能なため、覚えておくといいです。

具体的にはエクセル内のセルに=ln(数値)といれるだけで、その計算が実行されます。

ENTERにて、以下のようにその答えが出力されます。

この式における数値が上の公式のA、解がBにあたるわけです。

これがlnの計算方法の基本形となるため、ぜひ覚えておきましょう。

lnの外し方(エクセル)とexp(指数関数)との変換の公式

なお、上のlnの公式においてAではなくBがわかっているケースもあります。このBがわかっており場合のAを求めたいとき、つまり自然対数のlnを外す時には指数関数のexp(エクスポーネンシャル)を用いて変換可能です。

このlnとexpは各々逆関数であるために換算できるといえます。

具体的には、lnA=Bの外し方は、exp(B)=A という公式が成り立つと理解しておくといいです。

このlnの外し方(expを用いた変換)でもエクセルもしくは関数電卓で対応できます。

具体的には、=EXP(Bに相当する数値)と入れていきましょう。すると以下のように、lnを外すことができました。

まとめ 指数関数expと自然対数lnの変換の公式は?lnの計算方法や読み方は?

ここでは、自然対数のlnの意味や読み方、計算方法(lnの外し方、指数関数のexpとの関係)について解説しました。

・lnの意味は自然対数eをした対数(log)で読み方はエルエヌ

・lnの計算はエクセルや関数電卓で対処できる

・lnとexpの変換の公式(lnA=Bの外し方)は、lnA=B 、exp(B)=A

と理解しておくといいです。

自然対数lnや指数関数expの意味や変換方法について理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

 

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました