kwとkVAの換算(変換)方法は?wとVAの変換方法は?力率との関係は?【キロワットとキロボルトアンペア】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

科学的な解析をする際によく単位変換(換算)が必要となることがあります。

例えば、電力の単位としてkw(キロワット)とkVA(キロボルトアンペア)などを使用することがありますが、これらの変換(換算)方法について理解していますか。

ここでは、これらkw(キロワット)とKVA(キロボルトアンペア)や、w(ワット)とVA(ボルトアンペア)の単位変換(換算)方法について確認していきます。

スポンサーリンク

w(ワット)とVA(ボルトアンペア)の換算(変換)方法は?力率との関係は?

まず、W(ワット)やVA(ボルトアンペア)について解説していきます。

VAとはいわゆる皮相電力における電力の単位で、Wとは有効電力における電力の単位です。つまりは、ある機械などに電力を供給した際の電力の単位がVAであり、その中で上手く使用されている分の電力の単位がWといえます。

このときの上手く利用できる効率のことを力率と呼び、皮相電力VA × 力率 = 有効電力Wという換算式が成り立ちます。

逆に、W(ワット)からVA(ボルトアンペア)に変換する際には、力率で割っていけばいいのです。

以下の練習問題を解いてみましょう。

W(ワット)とVA(ボルトアンペア)の換算(変換)の計算問題【力率】

それでは、WとVAの単位変換に慣れるためにも練習問題を解いていきましょう。

・例題1

ある機械に対して皮相電力5VAをかけたとします。力率が0.9である際には、有効電力Wはいくらと換算できるでしょうか。

・解答1

W(ワット)とVA(ボルトアンペア)の定義に従って計算していきます。

5 × 0.9 = 4.5W と求めることができるのです。

逆に、VAからWへの単位変換も行ってみましょう。

・例題2

ある機械の有効電力が3.2Wであり、その力率は0.8だったとします。この際の皮相電力VAはいくつと計算できるでしょうか。

・解答2

こちらも、W(ワット)とVA(ボルトアンペア)の定義に従って計算していきます。

3.2 ÷ 0.8 = 4VA と求めることができるのです。

kw(キロワット)とkVA(キロボルトアンペア)の換算(変換)方法は?力率との関係は?

続いて、kW(キロワット)やkVA(キロボルトアンペア)について確認していきます。

kWとは、Wの頭に1000倍を表すk(キロ)がついた単位といえ、1kW=1000Wと計算できます。同様に、kVA(キロボルトアンペア)も1kVA=1000VAと変換できるのです。

結局のところ、kVAとkWの関係はVAとWの変換方法と同じ関係になるといえます。こちらでも力率を使用していきます。

よって、皮相電力kVA × 力率 = 有効電力kWという単位変換式が成り立ちます。

逆に、kW(キロワット)からkVA(キロボルトアンペア)に変換する際には、力率で割っていけばいいのです。

以下の練習問題を解いてみましょう。

kW(キロワット)とkVA(キロボルトアンペア)の換算(変換)の計算問題【力率】

それでは、kWとkVAの単位変換に慣れるためにも練習問題を解いていきましょう。

・例題3

ある機械に対して皮相電力8kVAをかけたとします。力率が0.9である際には、有効電力kWはいくらと換算できるでしょうか。

・解答3

kW(キロワット)とkVA(キロボルトアンペア)の定義に従って計算していきます。

8 × 0.9 = 7.2kW と求めることができるのです。

逆に、kVAからkWへの単位変換も行ってみましょう。

・例題2

ある機械の有効電力が4kWであり、その力率は0.8だったとします。この際の皮相電力kVAはいくつと計算できるでしょうか。

・解答2

こちらも、kW(キロワット)とkVA(キロボルトアンペア)の定義に従って計算していきます。

4 ÷ 0.8 = 5VA と求めることができるのです。

まとめ kVAとkWやVAとWの変換(換算)方法

ここでは、電力の単位のVAとWの換算方法、kVAとkWの単位変換方法について確認しました。

・皮相電力kVA × 力率 = 有効電力kW
・皮相電力VA × 力率 = 有効電力W

と変換できます。

単位換算に慣れ、業務の効率化を図っていきましょう。

 

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました